閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

さまざまな不調の原因、遅延型フードアレルギーって?

遅延型フードアレルギー

遅延型(遅延性)または遅発型(遅発性)フードアレルギーという言葉をご存知でしょうか。潜在性フードアレルギーと呼ばれることもあります。

遅延型フードアレルギーとは

アレルギーにはいくつかのタイプがありますが、その多くはアレルギーを引き起こす原因となるアレルゲンが体内に入ってから数分~数時間以内に症状があらわれる、
即時型=Ⅰ型アレルギーに分類されます。じんましん、食物アレルギー、花粉症、アトピー性皮膚炎、アナフィラキシーなどが代表的なⅠ型アレルギーです。

しかし、最近、食物(フード)アレルギーには2つのタイプがあることがわかってきました。さきほど説明した「即時型」のほかに、アレルゲン摂取後、数時間~数日も経ってから症状があらわれる「遅延型」があるというのです。

症状が出るまでに時間がかかるため、因果関係を認識し、原因を特定するのが難しい遅延型フードアレルギー。倦怠感、肌荒れ、イライラ、肩こり、下痢などの胃腸の不具合、頭痛など、さまざまな慢性的不調の元になってるかもしれないというから気になりますね。

即時型と遅延型の違い

即時型アレルギーと遅延型アレルギーは原因となる抗体から異なります。即時型の場合はIgE抗体が関与していますが、遅延型を引き起こすのはIgG抗体だとされています。従来のアレルギー検査では特定できないため、保険適用外の遅延型フードアレルギー検査をおこなっているクリニックもあります。ただし、IgG抗体は健康な人の体内にも存在することがあるとして、日本アレルギー学会は高額な遅延型フードアレルギー検査や検査結果に基づいた食事制限に注意するよう呼びかけています。

遅延型フードアレルギーの対策

では、遅延型フードアレルギーかも?と思ったらどうすればいいのでしょうか。

遅延型フードアレルギーの代表的なアレルゲンは、卵、乳製品。日本人の場合は、伝統食品である米でアレルギー症状が出る人は少なく、小麦でアレルギーが出る人が多いといわれています。
また、同じ食品を食べ続けることによって体内に抗体ができ、遅延型フードアレルギーの発症につながるそうです。健康にいいと思ってヨーグルトやゴーヤ、生姜、はちみつ、ナッツなど、特定の食品を極端に大量に摂取した人が遅延型フードアレルギーだと診断された例もあります。
卵や乳製品を何年間も食べ続けている人、毎日同じものを食べている人、アレルギーというほどではないけれど特定の食品や飲み物で消化不良を起こす人などは、遅延型フードアレルギーのリスクが高いといえるでしょう。

例えば、平日は毎朝決まって菓子パンと牛乳とオムレツを食べていて、夕方になるとお腹の具合が悪くなって頭痛がするけれど、土日の朝はご飯と味噌汁で1日中元気に過ごせる、というようなことがあれば、仕事のストレスや疲労以外に、遅延型フードアレルギーの可能性が疑われます。

もし、思い当たることがあれば、少し食生活を改善してみるといいかもしれません。
6ヶ月間、アレルゲンを摂取しなければ、腸内の抗体免疫が切れて、アレルギー症状が軽くなるといわれています。また、週に4日以上、同じものを食べないようにすれば抗体が作られるのを防ぐことができるそうです。ヨーグルトであればメーカーを変える、パンなら天然酵母とイーストパンを交互に食べる、などの工夫をしてみてもいいでしょう。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。