閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

歯・口腔内トラブルとアトピーの関係

口腔アレルギー

前回、「金属アレルギーとアトピーの関係」で、金属アレルギーのメカニズムと対処法について詳しくご紹介しました。
また、唇のトラブルやアトピー性口唇炎については「リップクリームで悪化する唇の荒れ、原因はアトピー!?」でも取り上げています。
今回は歯や口腔内のトラブルとアレルギー、アトピー性皮膚炎の関係について、調べてみたいと思います。

虫歯とアトピー性皮膚炎の意外な関係

虫歯の治療に使われる金属、詰め物を固定するセメントなどに含まれる金属が、金属アレルギーの要因になることが指摘されています。
金属アレルギーが皮膚炎を引き起こし、アトピー性皮膚炎も悪化させてしまう可能性もあるのです。
アレルギー症状が出やすい方、アトピー性皮膚炎の方は、歯を治療に使用する素材にも気を配ったほうがよいでしょう。
非金属のセラミックやレジン(樹脂)を使えばいいと思うかもしれませんが、それらの素材と歯をくっつける接着剤にも金属が含まれていることが多いため、素人判断で選ぶのではなく、医師に相談することをおすすめします。

口腔アレルギー症候群って?

口腔内に表れる食物アレルギーの症状を「口腔アレルギー症候群」といいます。「花粉食物アレルギー症候群」とも呼ばれています。
主にフルーツや野菜、ナッツなどを食べることによって、口の中の粘膜に痒みや刺激を感じます。
アトピー性皮膚炎や花粉症の人は、口腔アレルギー症候群にもなりやすいといわれています。

口腔アレルギーの主な症状

まず、アレルゲンとなる食物に接した唇が腫れたり、赤くなったりします。次に口の中や舌に不快感が現れ、舌が腫れることもあります。飲み込んだ後は、のどが痒くなったり、イガイガしたりします。
重度になると、下痢や吐き気、アナフィラキシーショックといった症状が出ることもあるので、軽く見てはいけません。
違和感を感じたら食べるのをやめて、様子をみること。口の中は塗り薬が使えませんから、症状がひどい場合は内服薬で治療することになります。

口腔アレルギーの原因

口腔アレルギーの原因となる植物は、花粉症の原因と密接な関係にあります。
以下の花粉症の人は、関連する食物によって口腔アレルギーを起こす可能性が高いとされています。

*シラカバ花粉症 リンゴ、桃、サクランボ、アーモンド、ピーナッツなど
*ブタクサ(キク科)花粉症 メロン、スイカ、ズッキーニ、キウイ、バナナなど
*イネ、イネ科のカモガヤ花粉症 小麦、ライ麦など
*スギ、ヒノキ花粉症 トマトなど

どれも身近で、食べられなくなったら悲しいと思うような食品ばかり。気になるものがあったら、血液検査で細かく品目を指定して調べることができますから、原因を特定しておけば安心ですね。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。