閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

砂糖との上手な付き合い方

sugar-brown-sugar-healthy-brown-sweet-cane-food

食生活に欠かせないお砂糖。
脳のエネルギー源になったり、リラックス効果があります。
しかし、たくさんジュースを飲んだり、ケーキやクッキーなどの甘いお菓子をたくさん食べて、砂糖を大量にとり過ぎるとどうなるのでしょうか。

上白糖は身体に悪い?

砂糖の中でも上白糖はあまり体に良くないと聞いたことはありませんか?
その理由として、よく使われている上白糖は精製されたものでミネラルなどが入っていないということや、吸収が良く血糖が上がりやすい、身体を冷やすため、等があげられます。
アトピー患者の場合、急激に血糖が上がりそれを下げるために分泌されたホルモンの関係でかゆみが増幅してしまったり、砂糖を代謝させるために必要なビタミンを使いすぎることによって、お肌に大切なビタミンが不足していしまうということも言われています。
上白糖が気になる方は変わりに様々な砂糖の種類がありますので、用途に合わせて変えていくのもいいかと思います。

アトピー患者さんと砂糖との上手な付き合い方は?

上白糖だけでなく現代人はどちらかというと砂糖類を摂り過ぎてしまいがちなものですので、日頃から控えめを心がけると良いと思います。
煮物を蒸し物にする、甘辛い味付けをしょうゆ味にするなど味付けや調理方法でも砂糖を控えることは可能です。

砂糖の種類

砂糖の種類を見てみましょう。最近よく上白糖の代わりに用いられるものを挙げてみました。

てんさい糖・・・甜菜(サトウダイコン、ビート)から作られた砂糖。腸の働きを活発にするオリゴ糖が含まれている。

きび糖・・・サトウキビから作られた砂糖。サトウキビ本来の風味がしており、ミネラルバランスがよい

黒砂糖・・・サトウキビのしぼり汁を煮詰めて固めたもの。独特の風味とコクがあり、カリウムなどのミネラルが豊富に含んでいる。

オリゴ糖・・・吸収されにくいため、ダイエット効果が期待できる。腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整える働きがある。一度に大量摂取するとおなかが緩くなることがある。

上白糖と違い、ミネラルや他の栄養素が含まれています。
その他の甘味料としてはちみつ、メープルシロップ、みりん(みりん風調味料はだめです。ラベルをみてくださいね)などがありますので、料理の種類によっていろいろ使い分けてみてください。

これからの暑い季節、ジュースやアイスがほしくなることが多くなりそうですね。
一度食べる前にどれだけの砂糖が使用されているかを把握しましょう。
自分自身の肌を守るためにも、身近な調味料であるお砂糖を見直してみませんか。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。