閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

食品添加物との正しい付き合い方

nutrient-additives-505124_1280

食品添加物と聞くと体に悪いイメージはありませんか?
確かに人工に作られたものですし、なるべくならあまり摂らないほうが良いかもしれません。
過剰に摂取することによって、アトピー症状などがひどくなってしまうといった話も聞きます。しかし、私たちの生活から食品添加物がなくなってしまうと食生活は大変になってしまいます。
ここでは、食品添加物について再度知り、うまく付き合っていく方法をお伝えしたいと思います。

食品添加物とは

食品添加物は、食品の製造過程または食品の加工・保存の目的で使用されるもののことをいいます。つまり、食品を作りやすくしたり、保存性を高めたりするためのものです。
種類としては保存料、甘味料、着色料、香料などがあり、数としては800種類以上あるともいわれています。

食品添加物の量と安全性

食品添加物の使用量は、「一日摂取許容量」といって人が生涯にわたってその物質を毎日摂取し続けたとしても、安全性に問題のない量として定められています。

安全性に問題がない量が決められていますが、不安の声が多いのも事実です。
その理由としては、
・日本で認可されているものの、 海外では無認可の食品添加物がある
・複合毒性の不安がある
などがあげられます。

とても便利ではありますが、少しでも摂取量を減らしたほうが食品添加物のリスクも減り、体にとっても嬉しいはず。
そこで摂取量を減らす簡単な方法をいくつかお伝えします。

食品添加物の摂取量を減らすには

・食品添加物の摂取量を減らす
添加物が含まれているものを出来る限り買わないようにする、使用種類がより少ないものを買うなどといったことで対応ができます。

加工の段階が多い食品ほど、食品添加物の種類がたくさん使われています。
例えば、○○の素やドレッシングなどの合わせ調味料も控えると良いと思います。
基本の調味料があれば作れるものも多いですので、手作りしてみるのはどうでしょうか。

また、納豆をたとえにあげますと、納豆自体は食品添加物を使用されていることは少ないですが、付属のたれは食品添加物がたくさん入っています。付属のたれを使用せず、しょうゆで味付けをするだけでも、食品添加物の摂取量を減らすことができますよ。

・調理で解毒処理をする。
 湯でこぼすことによって、食品添加物を落とすことができます。しかし、併せてうまみなども落ちてしまうといったデメリットもあります。

私たちの食卓を豊かにしてくれる食品添加物。
食べる前に一度食品表示を見て判断していただければと思います。
付き合い方や量をとり過ぎなど注意し、上手に付き合っていきたいですね。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。