閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

【Web相談医院】脂漏性皮膚炎はアトピー性皮膚炎の薬でよくなるの?

437234

これまでアトピーチャンネル動画で多くの皆様からのご質問にお答えさせていただいておりました。

今回もお便りをいただいたので、お答えしてまいります。

今回のお便りの内容は、
「数年前から脂漏性皮膚炎と診断され、小鼻まわりのかゆみと赤身に悩まされています。脂漏性皮膚炎は治らないと言われたので治すことも諦めています。
処方していただいているお薬が、アトピーの時にも使う薬だそうなのですがアトピーを良くする方法で脂漏性皮膚炎の症状が改善することはありますか?」

早速しのぶ先生がお答えいたします!

脂漏性皮膚炎とは?

脂漏性皮膚炎という皮膚炎は、赤ちゃんと思春期以降の二つの年齢層で起こってくる疾患ですが、大人においては、体質的な問題があり、なかなか完治ということが難しいです。ちょっと詳しく説明しますと、誰もが顔に住んでいる脂が好きな常在菌影響していて、皮膚炎を起こすということです。皮脂をマラセチアといったような代表的な菌が分解して、分解された脂肪酸が皮膚に刺激を与えます。

症状ですが、頭の中と脂の多いところ(いわゆるTゾーン)が赤くなったり、垢のような、かさぶたのようなものができてくるということです。

アトピーの薬を脂漏性皮膚炎にも使える?

そこで、「アトピーの時の薬」というキーワードですが、アトピー性皮膚炎のときしか使えない(つまりは、保険適応になっていない)薬というものがいくつかあって、脂漏性皮膚炎で使うものにはプロトピック軟膏というお薬がありますので、お便りの内容は、おそらく、「プロトピック軟膏が脂漏性皮膚炎に使用できるか?」ということになってくると思います。

皮膚科のお薬は、簡単に二つに大別しますと、炎症を止める薬と感染症を治す薬になります。そして、アトピー性皮膚炎は、皮膚の慢性的な炎症なので、炎症を止める薬の方になります。
そして、脂漏性皮膚炎は常在菌が関与しているというものの、アトピー性皮膚炎と同じように皮膚に炎症を起こしているという状態で、アトピー性皮膚炎の治療と同じ治療になります。また、アトピー性皮膚炎も脂漏性皮膚炎も慢性的な疾患という点が同じなため、アトピー性皮膚炎の治療と同じお薬が有効です。

しかし、アトピー性皮膚炎と脂漏性皮膚炎はまったくの別物です。同じ皮膚の炎症でありますが、アトピー性皮膚炎はアレルギーが関与している疾患で、脂漏性皮膚炎は誰にでも起こりうる、顔の脂が関与することで起きてくる疾患ですので、アトピー性皮膚炎の薬が処方されたからといって、アトピー性皮膚炎であるわけではありませんのでご注意を。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。