閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

アトピーでもメイクしたい!成分表示でチェックすべきポイントは?

メイク

アトピー性皮膚炎やアレルギーでお肌の状態が荒れている時は、スキンケアだけでなくメイクアイテム選びにも慎重になりますよね。その時に気になるのは商品パッケージに記載のある成分表示。たくさんの成分が書かれていてどれがNGなのか分からなくて選べない……という声も聞きますので、今回は化粧品の成分について解説したいと思います。

化粧品成分表示とは

化粧品パッケージの裏側などにずらっと記載された成分表。含まれている成分が全て記載されているのですが、化粧品は2001年から成分表示が義務付けられており、その表記にはルールもあります。
化粧品に配合されている成分をすべて表示することで購入する私たちが化粧品選びの参考にしたり、化粧品の品質や安全性を確認したりできるようになりました。
ルールとしては、まず配合量の多い順に記載があるということ。化粧品の成分表示は含有量の多い順に記載されていますので、店頭のチラシなどに大きく「有効成分●●配合」と書かれていても成分表の最後に記載されていたら、商品の中に含まれるその成分の含有量が少ないということになります。
表記しなければならない場所にもルール―があり、購入者から見て分かりやすい場所として、化粧品が入っているビンや箱などに記載があるものがほとんどです。しかし、パッケージが小さく成分名称をすべて書ききれない場合は特例で外箱や箱の内側などに表示することが許可されている場合もあります。

お肌が敏感な時のキーワードは「ミネラル」

市販の化粧品は複数の成分が配合されています。全成分が記載されているので、何も知らずに眺めていると余計に悩んでしまいますよね。お肌が敏感、弱っている時はお肌への刺激が少ない成分が含まれている物を選びましょう。
キーワードは「ミネラル」です。天然の鉱物だけを使って作られていて、お肌に刺激があるシリコンやタルク、界面活性剤などが使われていなければお肌に対する刺激を軽減できます。

天然鉱物には
●酸化チタン
●酸化亜鉛
●酸化鉄
●マイカ
などがあります。油分が入っていなければクレンジング料で落とす必要がなく、石鹸(洗顔料)で落とせるのも魅力の一つです。

「ミネラル」コスメのデメリット

お肌に刺激の少ないミネラルコスメですが、デメリットも多少あります。
1つ目は崩れやすいこと。以前に比べると商品品質が向上・改良されているので崩れにくくなっては来ていますが、通常のファンデーションに含まれている油分が入っていないことでやや崩れやすいです。
2つ目はカバー力が低いこと。お肌の表面に軽く薄く乗せるような感じなので、しっかり隠したい部分をカバーするのは苦手です。カバーしたい部分にはミネラル成分で作られたコンシーラーなどを活用すると良いでしょう。

ミネラルコスメと聞くとファンデーションを思い浮かべる人が多いかと思いますが、最近ではポイントメイクで使用できる商品も多数販売されています。トラブルがあってもメイクを楽しめるアイテムも増えていますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。