閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

「経皮毒」ってウソ?ホント?

doku

「経皮毒」(けいひどく)という言葉をご存知でしょうか。シャンプーや歯磨き粉など、日常的によく使うものに含まれる有害な化学物質を皮膚から吸収してしまうこと、だそうです。
経皮毒がアトピー性皮膚炎の一因だと主張する人もいます。
皮膚のトラブルやアレルギーに悩む人にとって、「皮膚から吸収する毒」という恐ろしい響きは無視しがたいものがありますね。
しかし、そこにつけこんで「経皮毒ゼロ」を謳った化粧品や「経皮毒をデトックスする」という健康食品などを高額で売りつける商法が問題視されています。
いったい「経皮毒」とは何なのか、本当に存在するのでしょうか。

経皮毒とは?

「経皮毒」は医学用語ではなく、2005年に出版された『経皮毒―皮膚から、あなたの体は冒されている!』(日東書院本社)という本で広く知られるようになった造語です。

本来、体のいちばん外側にある皮膚には体を守るバリア機能があり、皮膚から体内に物質を取り込むことはほとんどありません。ただし、金属アレルギーやシール型のパッチ剤のように、皮膚表面についたものが体に影響を及ぼすこともあります。

合成界面活性剤などの化学物質は分子がとても小さいため、皮膚バリアを通り抜けて体内に蓄積される、というのが経皮毒の仕組みだとされています。
特に、頭皮や口のなか、性器粘膜などはデリケートで、経皮吸収率が高いのだそうです。

経皮毒が危険だとされる理由

口から体内に入ったものに比べ、消火器官を通過しないため、排出されにくく、皮下脂肪や脳、女性なら子宮、男性だと前立腺に蓄積されやすいとされています。
しかし、皮膚から吸収された毒素が脳や子宮に運ばれるためには、いったん血液などに混ざる必要があり、その時点で肝臓で代謝され、無害化されるのではないか、という反論が成り立ちます。

経皮毒は本当に存在する?

研究結果が少なく、存在するという証明はなされていないようです。とはいえ、「存在しない」ということを証明するのは困難で、解明されていないからといって危険性がないとはいえないと考える人もいます。

実験用のマウスに合成シャンプーと純石けんシャンプーを塗ったら、純石けんシャンプーを塗ったマウスには異常がなかったが、合成シャンプーを塗ったマウスの皮膚には障害が現れた、という実験を根拠として挙げているサイトもあります。シャンプーは洗い流して使うもので、長く皮膚に塗っておくものではありません。たとえ純石けんシャンプーだとしてもアトピーの人が肌につけたまま放置すれば、刺激で症状が悪化することでしょう。

市販のシャンプーやリンスのほとんどには危険だとされる界面活性剤が含まれており、使用することによってアトピーや肌荒れが悪化する場合もありますが、それが「経皮毒」なのかどうかは不明です。

どうしたら経皮毒を避けられる?

繰り返しになりますが、経皮毒は存在するのかどうかはっきりしないものであり、気にしすぎる必要はありません。
ただ、皮膚トラブルを避けるためには、刺激の強すぎるシャンプーを避け、肌にあったナチュラルなものを選ぶにこしたことはないでしょう。
水分や食物繊維を多めに摂ってデトックスを心掛け、睡眠をしっかり取って免疫力をアップさせるようにするのも悪くないですね。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。