閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

魚がアトピーに効果アリ!?魚の驚くべきパワーとは

fish-388346_1280

アトピーのお食事の基本は、以前からお伝えしているかと思いますが
「バランス良く」というのがとても大切です。
その中でメニューを考えるうえで、お魚はどのくらいが良いのかな?お肉は?など具体的な食材についても気になることと思います。
具体的な食材について、詳しく見ていきましょう。
しかし内容については、アトピーの症状やアレルギーによって個人差がありますので、その点はご注意いただければ幸いです。

たんぱく質をとり過ぎると、アレルギー症状がひどくなってしまうという方もいらっしゃると思いますが、人の身体を健康に保つためにとても大切な栄養素ですので量を調整して食べるようにしましょう。

今回はお魚について

魚と肉はたんぱく質ですが大きく違うところは、「脂質の種類」です。
(他のたんぱく質食品や肉については、また後日説明したいと思います)

その脂肪酸の効果

魚に含まれているオメガ3という脂肪酸を聞いたことがあると思います。
オメガ脂肪酸というのは、魚の栄養素に代表されるDHAやEPA、αリノレン酸に含まれている脂肪酸の名前の総称をいいます。
オメガ3は、アトピー症状を緩和してくれたりアレルギー症状を抑制してくれたりする効果が期待できます。
また、皮膚やしわのたるみ予防などにも効果があるため皮膚の健康を保つためには積極的に摂取したい栄養素です。

魚の食べ方に関して

現代人の多くは、魚よりも肉を食べる回数が多くなっています。(個人差があると思います)
そのためまず、お肉の回数が多い・魚の回数が少ないという方は、今よりも魚の回数を増やしてみてはいかがでしょうか。

しかし、生の魚が調理しにくいと感じる方も多いはず。
今は冷凍での切り身が多く販売されていますので、そのようなものを利用するのも一つの手だと思います。調理しやすいですし、保存も効きます。
(余分な添加物を摂取しないため、味付けなどがされていないものがおすすめです)
またシラスやちりめんじゃこも、ごはんにかけたりお浸しと和えたりと使いやすいですし、骨まで食べられるためカルシウムも摂取でき、とても便利です。

魚はアトピーだけでなく、他の生活習慣病も予防・改善してくれる効果が期待できます。
ちょっと不足していたかな?と思う方はぜひ積極的に食事メニューに取り入れてみてくださいね。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。