閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

ポイントは6:4!アトピーにも効果的な食事バランスのコツ

14063329988_36c1d28e57_b

アトピーの方をはじめ、食事はバランスが取れたものが良いというのはよく知られていることですよね。
でも、バランスの取れた食事って具体的にどのようなものなのでしょうか?
毎日メニューを考えて、栄養計算をして…?!って難しい話と思われがちなのですが、
実はとっても簡単なのです!
今回は、栄養バランスがとりやすい簡単な食事についてお伝えしたいと思います。

バランスの取れた食事の定義とは?

厚生労働省が出している、「食事摂取基準」というものがあります。
健康人を対象とし、日本人の健康の保持・増進、生活習慣病予防のために、標準となるエネルギーや各栄養素の摂取量を1日当たりの数値で示したものです。
そこに記載されている、理想の栄養バランスは「炭水化物:脂質:たんぱく質=50~65%:20~30%:13~20%」となっています。

実際の食事で考えると?

この栄養バランスに一番近いとされているのが、実は「和食」なんです!
以前もお伝えしましたが、和食はとても優れた食事です。

・油分が少ない
・野菜がたっぷり
・食物繊維が豊富

とアトピーの方にもうれしいメリットが盛りだくさんです。
デメリットとしては、少し塩分が多めになりがちですので調理法を工夫し、減塩していただくとより良い食事となります。

ご飯とおかずは6:4

もっと簡単にお伝えするならば、ごはんとおかずが6:4の割合にすると理想の食事バランスに近付けます。
ご飯をそんなに食べてもいいの?!と思われるかもしれませんがご飯を減らすと、おかずの食べる量が多くなり、脂質の割合が多くなったり、塩分のとり過ぎにつながります。
また、ご飯をしっかり食べることにより腹持ちが良くなり、間食をしないで済むというメリットもあります。
(しかし、糖尿病をお持ちの方やお医者さんなどから食事の指示がある方はごはんの量は加減してくださいね。)

おすすめメニューは?

でもおかずはたくさん作らなくてはいけないんでしょ?
と思いがちですが、そんなにおかずを作らなくても大丈夫です!
ご飯、具だくさんのお味噌汁(具は野菜を中心に3種類以上がおすすめ♪)、おかず(魚、肉、卵、大豆製品などのたんぱく質)で理想バランス6:4は成り立ちます。

お味噌汁は、具やお味噌を変えればバリエーション豊かになりますし、たくさんの品数を作らなくてもよいと思うと、心も楽になるのではないでしょうか。
良かったらこちらもご参照ください。
アトピーとお味噌汁。知られざるお味噌汁のパワーとは?

何事にもバランスが一番大切。

和食はアトピーの方にとてもいいお食事スタイルだと思います。
無理せず気楽に続けられることが、とても重要です。
この6:4スタイル、ぜひ試してみてくださいね!

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。