閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

アトピー性皮膚炎の初期症状にはOK!? ステロイドとの上手なつき合い方

ステロイド

お肌が極度にカサカサしたり、ジュクジュクしたり、かゆみを伴ったりなどの症状が出て病院に行くと、「お薬出しておきますね」と言われて処方されるのは、アトピー性皮膚炎の薬として有名なステロイドが多いかと思います。ネットで調べてもアトピーの万能薬のように書かれている記事も見かけますが、実はステロイドとは上手につき合う必要があります。
そこで今回は、ステロイドとの上手なつき合い方をご紹介します。

ステロイドを使用しても良いのは初期だけ

ステロイドには体の中の炎症を抑えたり(抗炎症作用)、体の免疫力を抑制したりする作用(免疫抑制作用)があり、アトピー性皮膚炎以外の疾患にも処方されることがあります。一概に怖い薬なのではありません。
症状が出た時、ステロイドを塗るとかゆさや痛みの症状が和らぎ、気分が楽になるため使い続けたくなる人が多いようですが、長い期間使用を続けるのは、実は返って身体に良くないのです。

長期間使い続けることによる副作用とは

「アトピー性皮膚炎は完治できないので、ステロイドでずっと症状を抑えて行くしかない」、「アトピーが少しずつきれいになりましたね。じゃあまた同じ薬を出しておきますから」などと医師から告げられ、言われるがままにステロイドを使い続けている人は気をつけてください。
ステロイドは長期間使い続けると様々な副作用が起きます。炎症が治まった辞典で徐々に弱いステロイドにシフトして行き、最終的には保湿剤だけで症状をコントロールできるようにするのが正しいアトピー性皮膚炎の治療法です。
きちんと診察を受けている場合、医師が状態を見てステロイドの強度を弱めていく(ある時点で止める)ことになっているので、「最近調子が良いから」と自己判断して勝手にステロイドを塗るのを止めるのも良くありません。

ストレスとも上手につき合いましょう

大人になってからアトピー性皮膚炎になる原因は、過労や環境変化によるストレスが主な原因と言われています(生まれつきアトピー性皮膚炎の人は過度なストレスがかかるとアトピー性皮膚炎の症状が再発することもあるようです)。蕎麦アレルギーや小麦アレルギーのように、「●●を食べると症状が出る」という類いのものではないため、“ストレス”が原因だと考える説が有力です。
となれば、症状がどんなに辛くても、医師から指導されたステロイド量を守り、ストレス源が何かを真剣に見極めなくてはいけません。ストレスが溜まりやすい性格は簡単には治りませんが、ストレス発散する方法は見つけられるはずです。
アトピー性皮膚炎の症状はとても辛いと思いますが、自分に向いている無心になれる趣味を見つけて、ストレスから自分を解放してあげる術を身につけましょう。

ステロイド使用については様々な情報がありますが、通っている医師へ遠慮することなく今後のアトピー治療方針についてよく相談してみることが一番大切だと思います。アトピー性皮膚炎の治療自体がストレスにならないように、気をつけてくださいね。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。