閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

脱・乾燥肌!潤いをアップしてくれる保湿成分

hoshithu

湿度と気温が上昇するこの季節、雨が降ったり、汗をかいたりするので、表面上は肌が潤っていると勘違いしがち。でも実は、エアコンや強い陽射し、汗を流すために頻繁にシャワーを浴びることなどによって、冬以上に肌の乾燥が進んでしまうこともあります。

以前、「アトピーケアに!ワセリンの種類と使い方を徹底解説」という記事で、ワセリンについて詳しくご説明しました。そのなかで、「ワセリンには皮膚に水分を与えたり、水分を保ったりする効果はない」「ワセリンで補えるのは油分だけ」ということもお伝えしましたが、では、水分を補うためにはどうすればいいのでしょうか。
今回は保湿効果のある主な成分と、それを配合した製品、使い方の注意点などをまとめてみました。

尿素

尿素はもともと人間の肌が持っている天然保湿成分のひとつ。タンパク質を分解して角質を柔らかくする働きと水分保持機能があります。
乾燥して硬くなったアトピー肌の回復を助けてくれます。
ただし、角質の溶解作用によるピリピリとした刺激を感じることがあるため、デリケートな部分に使うのは避けたほうがいい場合もあります。また、長期に渡って使い続けると、ターンオーバーのサイクルが早くなりすぎてしまい、健康な皮膚の再生の妨げとなる可能性も。
角化症、乾燥性皮膚疾患治療薬として処方されているほか、低用量のものは市販もされています。
代表的な商品名はウレパール、ケラチナミン、パスタロンなどです。

ヘパリン類似物質

ヘパリンも人間の体内にあるムコ多糖類の一種で、細胞間の水分を保つ働きをします。皮膚の乾燥を防いで、傷の修復を助け、血行をよくする作用があります。
しもやけ、角皮症、アトピー性皮膚炎の治療薬として使われます。
血液が凝固するのを妨げる作用があるので、出血している部位には使えません。肌が炎症を起こして赤みがあるときも血行促進効果で悪化する可能性があるので避けましょう。
商品名はヒルドイド、ビーソフテンなど。ヒルドイドは保険適用の処方薬ですが、ネットでは「アンチエイジングに絶大な効果あり」「究極のアンチエイジング薬」などと呼ばれることもあります。しかし、使い方によってはアトピーが悪化することもあるので、必ず医師の指示に基づいて正しく使用してください。
傷跡を目立たなくする市販薬アットノンやHPクリームなどもヘパリン類似物質を含んだ製品です。

アズレン

軽めの皮膚潰瘍治療薬として、よく処方されるのがアズノール軟膏。効き目が穏やかでデリケートな部位や幼児でも使えるため、皮膚科だけでなく、内科や小児科でも処方されるお薬です。
アズレンの原料はカミツレ(ジャーマンカモミール)というヨーロッパ原産の植物。ハーブティーでもおなじみで、アズレンを配合したうがい薬もあります。
炎症を抑え、傷を保護する働きがありますが、重いアトピー性皮膚炎には効果が薄いので、状態に合わせてステロイド外用薬と使い分けるのがおすすめです。

セラミド

セラミドは角質に含まれる保湿成分で、細胞の間に層を作って水分をはさみ込み、高い保湿効果を発揮します。
市販のローションや美容液によく配合されている成分ですが、乾燥したアトピー肌の保護にも役立ちます。余分な香料などの含まれていない刺激を少ないものを選び、肌に合うか確かめながら取り入れてください。

保湿成分を配合した製品は、ワセリンをベースにした軟膏状のもの、クリーム、ローションなど、さまざま。薬として単品で使うものもあれば、ワセリンとセットで使ったほうが効果的なものもありますので、ご自分の体質、肌の状態に合わせて選んでください。
夏こそしっかり保湿して、アトピーの悪化を防ぎましょう!

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。