閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

原因は皮脂分泌過多や毛髪刺激?汗でかゆくなる顔のアトピーケアとは

顔アトピー

汗をかくことでお肌トラブルが悪化しやすい夏。日々のケアが大切だと分かっていても、暑さを避けることはできず、汗をかくことによってお顔のかゆみが増した気がする……なんてこともあるのではないでしょうか。
そこで今回は、夏だからこそ気を付けたいお顔周りのケアについてご紹介します。

夏に汗をかくことは、体に良いことです!

アトピーの人は汗をかきにくい体質の人が多いと言われています。ただ、汗をかくことによって人は体温調整などを行っていますので、汗をかくことは本来体にとってよいことなのです。ですので、暑い夏で辛いかもしれませんが、まずは「汗をかくことは体にとって良いことなんだ」と考えましょう。
ただ、お肌のバリア機能が低下しているアトピー性皮膚炎の方にとっては、その汗が長時間皮膚の上にとどまっていることは、皮膚に刺激を与えてしまう可能性があります。
ウェットティッシュなどで拭き取るのは爽快感があって気持ち良いですが、アルコールなどが皮膚に刺激を与えてしまいますので、面倒ですが、水で洗い流してキレイなタオルで拭き取るようにしましょう。

顔のあぶらも湿疹の原因に。ただし、洗い過ぎには注意です

アトピー性皮膚炎の方は基本的にドライスキンですが、皮脂分泌が多く、ベタつく箇所もあるかと思います。皮脂は分泌されて時間が経過すると、変質してしまい皮膚刺激になってしまいます。吹き出物・ニキビができる人などはアトピー性皮膚炎でお肌全体がカサカサなのに部分的に皮脂分泌過多で、湿疹ができる場合があります。その場合、特に目立つパーツが頭や顔、背中だと言われています。その部分は入浴時にしっかり洗って清潔にしておくことが大切です。
「皮膚を清潔に保つのが一番」と聞いて、ベタつきを感じる度に石けんを使って洗ってしまうのは洗い過ぎです。水だけで洗う分には問題ありませんが、石けんを使った洗顔などは一日に2回くらいまでがよいでしょう。

顔の湿疹が気になる人はヘアスタイルにも配慮を

ウールのセーターなどを着ているとお肌がチクチクすると思いますが、髪の毛の先端が顔に触れても同じような刺激があります。髪に整髪料を付けた場合は、顔や首にも付きやすいですので注意が必要です。
顔周りに髪が付きやすいヘアスタイルの方はトラブルの状態が緩和されるまでショートカットにする、ヘアピンなどで留めるなど毛先が顔につかないようにしましょう。

これから夏本番。お肌の状態が不安的になりがちかもしれませんが、根気よく向き合っていきましょう!

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。