閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

「アトピーと油」とりたい油、控えたい油

油

「油」と聞くと「太る」や「健康に悪い」といったイメージを持たれる方も少なくないはず。

ですが、栄養素では脂質とよばれ、エネルギー源となったり、皮膚を守ったり、ビタミンの吸収をお手伝いするなど、健康に必要不可欠なものです。
ただし、油をとり過ぎたり、あまり質の良くない油を摂ることによってアレルギーの悪化を招いたり、その他にも肥満や老化の原因になることもあります。

今回は、脂質のとり方についてお伝えしたいと思います。

とりたい油「αリノレン酸」

アトピー疾患の方に意識してとっていただきたいのはαリノレン酸という脂質です。
αリノレン酸は、しそ油、えごま油、亜麻仁油、クルミ等に多く含まれています。

アトピーをはじめアレルギーを抑制する、がんや高血圧などの生活習慣病の予防にも効果的と言われています。
意識しないとなかなか摂ることができない成分な上、身体で作ることができない必須脂肪酸のため、積極的に利用してほしいです。
ただし、油ですので使用量には注意してくださいね。

利用する点で注意してほしいのは、酸化しやすいことや熱や弱い性質があるので、なるべく早く使い切る、ドレッシングとしてそのまま利用することに適しています。
サラダにかけて食べたり、クルミをおやつとして食べたりすると良いですね。

控えたい油「トランス脂肪酸」

反対に、控えたほうがいい油は、加工されている油やマーガリンやショートニングに含まれているトランス脂肪酸と言われているものです。
市販の揚げ物やお菓子、ファストフード類に多く含まれているので、今より食べる頻度を減らしたりなるべく摂らないことを心がけるほうが良いかと思います。

食べ過ぎることによって、アトピーなどのアレルギー症状が悪化したりすることが懸念されます。他にも老化や生活習慣病を招くともいわれています。

その他の種類としては、べにばな油などに多く含まれるリノール酸もアトピーを悪化するといわれていますので、とり過ぎに注意しましょう。
炒め物などで使用する場合は、酸化に強くアレルギーに対してもあまり問題ないとされているオリーブ油を使用すると良いです。

利用方法によって油の種類を変えて、使用する油が偏らないようにしましょう。

現代人は、食の欧米化によって油の摂取量自体が増えています。
これを機に、自分の使用している油の種類や食べている量を知り、良い油に切り替えてみてはいかがでしょうか。
すべて変えるのではなく、現状よりも「悪い油を減らし、良い油を増やす」だけでも違ってくると思います。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。