閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

免疫力の鍵は「善玉菌」!善玉菌を増やすコツとは?

3175090147_1325e21f19_b

ご存知の方も多いと思いますが、アトピー性皮膚炎はアレルギーの一種です。
アトピー、アレルギーに負けないためには、免疫力を高めることがとても大切と言われています。
その免疫力を高めるために大きな役割を果たしているのが、腸に存在する腸内細菌です。

腸内細菌は、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の三種類ありお互いのバランスを保って成り立っています。バランスのよい腸内環境によって健康が保たれるのです。

しかし、そのバランスが崩れることにより腸内環境が悪化して、免疫力が低下してしまいます。
腸内環境悪化の原因としてストレス、食生活の欧米化によって善玉菌が少なくなっていること、加齢により悪玉菌の量が増えてくることがあげられます。

そこで今回は、善玉菌を増やすための方法をお伝えしたいと思います。
善玉菌を育てるためには、「自分の腸内に存在する善玉菌自体を増やしてあげること」と「善玉菌を増やすためのエサを与えること」が大切です。

1.自分の腸内に存在する善玉菌自体を増やしてあげるには…

自身の腸内の善玉菌を増やすためには善玉菌の栄養源となるような食材を摂る必要があります。
具体的には食物繊維やオリゴ糖が挙げられます。

食物繊維は、豆類、穀物、緑黄色野菜、海藻やキノコに多く含まれています。
食物繊維1日の基準摂取量として、男性19g以上女性17g以上(0~17歳までの小児の目標量はない)が目標量として掲げられていますが、現代人は不足しがちな栄養素ですので、積極的に食べるようにしましょう。

オリゴ糖は乳製品や大豆製品などに多く含まれています。

2.善玉菌が豊富に含まれている食材を摂ること

善玉菌の代表的なものとして、乳酸菌があります。
多く含まれている食材は発酵食品です。
ヨーグルト・チーズ・納豆・味噌・キムチ・ぬか漬けなどがあげられます。
日本は言わずと知れて発酵食品大国です。食材から調味料まで様々なものが存在するので毎日使用すると良いでしょう。

3.善玉菌を増やす際の注意点

善玉菌には様々な種類があり、人それぞれ相性の良し悪しがあると言われています。
腸内環境が変わるのには約2週間かかる為、まずは2週間続けてみて自分に合う善玉菌を見つけてくださいね。
(※独自の見解が含まれ、個人差があります)

おすすめなのは、善玉菌の栄養源になるものと善玉菌そのものを一緒に組み合わせて摂取することです。効率よく善玉菌を増すことができます。
(例:きな粉+ヨーグルト、具だくさんの味噌汁)

また、増やした善玉菌を減らさないよう、ストレスの原因となるものを取り除いたり、食生活を見直すことも大切です。せっかく善玉菌を摂取していても暴飲暴食をしていたら意味がありません。

腸内環境を改善して、アレルギーに強い体づくりをしましょう。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。