閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

これからが本番!アトピー肌の日焼け対策

Hiyake

一雨ごとに陽射しが強くなり、夏に近づいていくこの季節。紫外線の量もぐっとアップしています。紫外線はアトピー性皮膚炎の悪化因子のひとつといわれています。デリケートな肌を守るにはどうすればいいのでしょうか。

アトピーと日焼け

アトピー動画「アトピーでも日焼けしていいの?」で、しのぶ先生は「日焼けはしないほうがいい」と教えてくれました。
日焼けはシミ、シワ、たるみの原因となるだけでなく、免疫力が落ちて風邪をひきやすくなってしまうこともあるそうです。
また、紫外線によって肌が乾燥しますから、それでなくても乾燥しやすいアトピー体質の人は注意が必要です。

紫外線量を知ろう

紫外線は夏に多いというイメージがありますが、紫外線の強さと量の月別グラフを見ると、ピークは7月。実は5月も8月と同じぐらいの紫外線が降り注いでいます。6月は雨の日が多いため、平均値は下がりますが、晴天の日は真夏と変わらない強さです。
紫外線の量は時間帯によって変化します。もっとも強いのは太陽が高く昇る昼の12時前後。できれば、移動や外歩きはその時間帯を避けるようにしましょう。
よく晴れた日の紫外線を100%とした場合、薄曇りで約80%、曇りで約60%、雨でも約30%の紫外線量がありますから、太陽が顔を出していない日でも油断は禁物です。
また、太陽から降り注ぐ紫外線だけでなく、場所によっては地上からの照り返しで、さらに紫外線量が増えます。スキー焼けという言葉があるように、新雪では紫外線量が約80%も増加。砂浜、海やプールの水面で10~20%増加するといわれています。

帽子、サングラスなどの日除けアイテムで防御する

日焼け止めといえばローションやクリームなど、さまざまな商品が出ていますが、日焼け防止剤を使うことによって痒みが出たり、肌の乾燥が悪化したりすることがあります。
まずはそれ以外の方法で、陽射しを避ける方法を考えてみましょう。
ツバが広めの帽子は必須アイテム。陽射しから顔、首を守ってくれるだけでなく、目に入ってくる紫外線もガードしてくれます。
長時間外にいるときはサングラスも取り入れましょう。目から紫外線が入ると、「メラニン色素を作れ」という指令が脳に出るそうです。あまり濃い色のサングラスは瞳孔が開いてしまって逆効果だともいわれていますので、UVカット加工のメガネでもOKです。
日傘、手袋、ネックカバー、ストール、ボレロなど、さまざまな日除けアイテムが出ています。ぜひ積極的に活用してください。

日焼けしないためにオススメの服装

最近は通気性が良くてUVカット効果のある衣服も増えています。普段の外出はもちろん、海やプールに行くときも長袖長ズボンがおすすめです。
長袖は暑苦しい、という場合は、半袖と手袋を組み合わせたり、ショールを羽織ったり、足を覆うマキシスカートやサルエルパンツを取り入れるのもいいでしょう。
マリンスポーツ用のラッシュガードなら着るだけで紫外線98%カット、UPF50+などの効果があります。
ただし、ラッシュガードなどの化繊素材は肌に密着するとカブれたり、痒みが出たりすることがあります。自分の肌に合うかどうか慎重に見極め、首などのデリケートな部分にはコットン素材のものを重ねるなど、工夫をしてください。
また、汗が皮膚についたり、蒸れたりして、痒みが出ることもあります。首に巻くスカーフなどはマメに取り替え、清潔な状態を保つようにしましょう。
室内に入ったら肌触りのよいものに着替える、海やプールから上がったらすぐにシャワーを使う、なども大切です。

日焼け止めは「紫外線吸収剤」不使用のものを

顔や手など、露出してしまう場所には、日焼け止めを塗って肌を守ったほうがいい場合もあります。
日焼け止めにはSPFやPAといった数値がありますが、紫外線カット率が高いものは肌への負担も大きいので、弱めのものをこまめに塗り直すようにしましょう。
日焼け止めは「紫外線吸収剤」が入っているケミカルなものと、紫外線吸収剤が使われていないノンケミカルなものに分けられます。紫外線を化学変化させる紫外線吸収剤ではなく、紫外線を反射させて日焼けを防ぐ「紫外線散乱剤」入りの日焼け止めのほうが肌への負担が少なめ。「吸収剤不使用」「ノンケミカル」「紫外線拡散剤使用」などの表記のある商品を選ぶようにしてください。
ウォータープルーフタイプも避けたほうが無難です。

日焼け止めの使い方、落し方

日焼け止めを塗る前に、いつも使っている保湿剤や化粧下地を。肌への負担を軽減することができます。
日焼け止めにはメイク落しなどを使わないと落とせないタイプと、石鹸などの通常の洗顔で落とせるタイプとがありますので、「敏感肌用」「ベビー用」「低刺激」等の表記がある、石鹸で落とせるものを選ぶようにしてください。
太陽の光による乾燥や日焼け止めは肌に大きな負担となります。夏場もしっかり保湿することを忘れないようにしてくださいね。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。