閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

アレルギーを悪化させる低体温の原因と改善方法

体温

ご自分の平熱が何度か、ご存知でしょうか。
健康な人の基礎体温は36~37度の間、平均的な平熱は約36.5度だそうです。それはちょうど体内の酵素が正常に働き、細胞の新陳代謝が活発に行われて、病に対抗する免疫力が高く保てる温度だと言われています。
一方、体温が36度未満の「低体温」状態になると、酵素の働きが悪くなり、免疫力も低下。カゼをひきやすくなったり、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状が悪化しやすくなったりと、さまざまな不調を招く要因となってしまいます。体温が1度下がると免疫力は33%も低下するという説もあるほどです。
今回は低体温の原因と改善方法について探ってみました。

低体温とは?

医学的な意味での「低体温症」とは、体の中心部の温度が35度以下のことを指します。雪山で遭難した場合などに起こり、命の危険を伴います。
体の表面で測った体温が36度以下の「低体温」自体は、病気ではありません。

低体温になるとどうなるの?

わかりやすい症状のひとつが、いわゆる「冷え性」です。低体温になると血行も悪くなるため、手足が冷える、指先などの末端が冷たい、お腹の表面がひんやりしている、などの症状が現れます。
また、しょっちゅう風邪を引く、ずっと胃腸の調子が悪い、便秘がち、疲れやすい、むくみやすいといった症状に悩まされている方も低体温を疑ってみたほうがいいでしょう。
女性では生理痛や生理不順などの症状につながることもあります。

低体温の原因は?

甲状腺や下垂体などに異常があると、低体温になることがあります。低体温以外にむくみがひどい、血圧が低いといった症状があるときは一度きちんと検査したほうがいいでしょう。
病気が原因ではない場合は、生活習慣や環境に起因することがほとんどです。

低体温を引き起こすNG習慣

低体温になりやすい習慣や環境には以下のようなものがあります。

×運動不足
筋力が衰えると血行が悪くなり、代謝も落ちて、体温低下につながります。

×身体を冷やす冷たい食べ物、飲み物、甘い物のとりすぎ、バランスの悪い食事
油分と糖分がたっぷり含まれたスイーツ、水分の多いフルーツや生野菜、冷たいドリンクなどは体を冷やします。

×薄着、体を締めつける衣服や下着、靴
お腹の露出した服、きついガードル、ハイヒールなどは血の巡りを妨げます。

×シャワーだけの入浴
×冷房の効きすぎ
×喫煙、過度の飲酒
×ストレス

体温を上げるために心がけたいこと

筋肉をつけることで代謝が上がり、体温も高くなるという実験結果があります。体温が下がることによって太りやすくなり、筋肉が減って脂肪が増えることによってさらに体が冷える、という悪循環も。バランスのいい食事をしながら、適度に体を動かすようにしましょう。

◎運動をする習慣をつける
自宅でスクワットをする、一駅分歩く、駅の階段を使うようにする、など、軽めの運動を継続して行うようにしましょう。デスクワークの多い方は仕事の合間に軽くストレッチをするだけでも血行改善につながります。

◎お風呂にしっかりつかる
ぬるめのお湯に30分ぐらいつかる習慣をつけましょう。半身浴や足湯を取り入れるのもいいですね。

◎汗をかく
汗をしっかりかいて自律神経を整えることも体温上昇に役立ちます。岩盤浴やスチームサウナ、ホットヨガなども効率よく汗をかくことができますね。ただし、アトピーの症状が出ている方は痒みが強くなったら止め、汗を放置せずに早めに洗い流して清潔な状態を保つようにしてください。

◎体を冷やさない服装
腰やお腹、足の裏や足首、首まわりなどが冷えやすい服装を避け、体温を逃さないよちにしましょう。

◎体を温める食材を取り入れる
飲み物はできるかぎりホットで、夏場も氷入りのドリンクよりは常温の水、カフェインを含まないハーブティー、白湯などがおすすめです。
体を温めると言われている主な食材は、生姜、ネギ、ニンニク、たまねぎ、胡麻、唐辛子や胡椒などのスパイス類、根菜、発酵食品など。亜鉛などのミネラル、ビタミンB1、B2などのビタミン類も積極的に取るようにしましょう。ただし、食物アレルギーも心配もありますので、ひとつの食材に偏りすぎることなく、旬のものをバランスよく食べるようにしてください。

気温が上がっていくこれからの季節。冬の辛い冷えからは解放されますが、夏場も過度な冷房などで意外と体は冷えています。低体温を避けて免疫力をアップさせ、アレルギー症状の改善をめざしましょう!

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。