閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

アトピーにはノーメイクが最適?外出時のメイクの注意点とは

メイク

「アトピー性皮膚炎の方はできるだけお肌に負担が無いように気をつけて」とアドバイスを受けていると思いますが、外出時はどうするのが良いのかご存知ですか?
「アトピー肌だから滅多にメイクはしない」「メイクをするとお肌が荒れそうで不安」などトラブルを避けたいためにメイクをしない人もいるようですが、刺激を避けるためにノーメイクの方が良いのか。今回はお肌トラブルとメイクについてお話しいたします。

外出時にノーメイクはダメ

バリア機能が低下しているお肌にとって、乾燥と紫外線は大敵。ファンデーションを塗ると皮膚が覆われている気がしてネガティブな印象を持っている人もいるようですが、ファンデーションを塗ることでカバーされることもあります。また、メイクをすることでこれからのシーズンに悩ましい花粉などのようなアレルギーの原因となる物質からお肌を守ることもできます。

メイク下地には保湿効果とUVカット効果のあるものを選ぶ

ファンデーションは顔料が含まれているため、健常肌の方でもお肌に直接塗ることはお勧めできません。ファンデーションを塗る前にしっかりと保湿と紫外線対策をしておきましょう。化粧水・乳液・美容液・クリーム・UVカット・メイク下地が1つになった、いわゆるオールインワン商品が多く出回っていますが、アトピー肌の方にとっては不必要な成分まで入っていてそれが刺激となる場合がありますので、メイク下地はメイク下地として販売されている物をお使いになることをお勧めします。

リキッドファンデーションを塗っても乾燥してしまう方は

お肌の乾燥がひどくて困っている方は、リキッドファンデーションに乳液を混ぜた状態で塗るようにしてみてください。保湿効果が高まって乾燥が気にならなくなる場合があります。ただし、メーカーさんとしてお勧めしている方法ではないので、混ぜる量はご自身でいろいろを試行錯誤してみてくださいね。
リキッドファンデーションはカバー力がありますが、その分お肌への負担が多い場合もありますので、お肌への負担が気になる方はパウダーファンデーションでも構いません。パウダーファンデーションをつける時は刺激のあるブラシよりもパフがお勧めです。清潔なパフを用意して、お肌をさっとさする程度の強さでメイクしてください。

メイクはお肌の状態を綺麗に見せるためのものです。もったいないからと言ってお肌に合わない化粧品を使い続けるのは良くないですので、ご自身のお肌に合ったメイクアイテムを見つけて、メイクを楽しんでくださいね。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。