閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

知らないうちにお肌をいじめてる?バスグッズの成分にも注目を

バスグッズ

アトピー肌や敏感肌の人でスキンケアには十分配慮していても、日用品にまで気を使っている人は案外少ないようです。しかし、状態が改善しない場合はスキンケアアイテムだけではなく、日用品に含まれている成分についてもしっかり見ておく必要があります。
今回は日用品の中でもお風呂で使うアイテム、バスグッズを選ぶ時に気をつけて欲しいポイントをご紹介します。

シャンプー&コンディショナー

洗浄力をアップさせるために界面活性剤は必要なものですが、これが合成のものだと皮膚への刺激が強くなる場合があります。洗浄力が高い、泡立ちの良いシャンプーは洗った気分にはなれるのですが、その分お肌への刺激も強いです。敏感肌の方でフケやかゆみが止まらないという人は一度シャンプー&コンディショナーを見直してみてください。
合成界面活性剤を使わず石鹸を主成分としたシャンプーが流通していますので、ぜひ石鹸成分のシャンプーに切り替えてみてください。徐々にお肌の変化を感じると思います。

ボディソープ&ハンドソープ

「ボディソープは界面活性剤が入っているので石鹸がいい」とよく言われていますが、石鹸であれば何でも良いわけではありません。本来、石鹸は天然の界面活性剤なのですが中にはそうでないものもあるからです。
品質表示に「純せっけん」「石鹸素地」「カリ含有石鹸生地」と書かれていれば天然の界面活性剤を使用した石鹸ですので大丈夫です。
ハンドソープもお肌に直接触れるものですので、同じように成分に注目しましょう。液体石鹸なら「脂肪酸カリウム」と書かれていれば大丈夫です。

入浴剤

毎日の疲れをリセットするため、ストレスを解放してリラックスするために入浴剤を活用している人は多いと思います。薬用入浴剤は重層を主成分にしているものが多いため、これは特に人体に大きな影響はないのですが、リセット・リラックス効果を高めるために香料が入っている商品は成分に注目してください。人工香料やタール色素が使われているものはお肌への刺激が強い可能性がありますので、注意してください。
入浴時は体温が上がりリセット・リラックスできる反面、皮膚細胞が活性化して経皮吸収されやすい状態でもありますので、入浴剤の成分には特に注意が必要です。

市販の商品を使っているとどうしても状態が改善しないという人は、手作りしてみると良いかもしれません。作り方はインターネットでも調べられますが、情報の正誤が確認しづらいため、できればアロマテラピー・ハーバルセラピーショップの店員さんから直接アドバイスをもらうことをお勧めします。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。