閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

アトピー性皮膚炎の方はシャンプー選びにも気をつけて!

シャンプー

アトピー性皮膚炎の方で、頭皮にはあまりカサつきがないから市販の手頃な価格のシャンプーを使っているという人はいませんか?シャンプーは頭皮や毛髪を綺麗にするものなので、頭皮に症状がない人はあまり気にされていないかもしれませんが、実は洗い流す時に体に泡が残ってしまっている場合があり、その泡がお顔や体にも影響が出る場合があります。
そこで今回は、シャンプーを選ぶ時のポイントをいくつかご紹介します。

「ノンシリコンシャンプー」ならOK!?

最近、テレビCMなどでよく見かける「ノンシリコン」というキーワード。文字通りシリコンが入っていないシャンプーの総称ですが、シャンプーを選ぶ時はシリコンではなく「どんな界面活性剤が配合されているか」に注目する必要があります。
界面活性剤は性質の違う成分同士(例えば水と油)を混ぜ合わせるために役立ち、汚れを落とす洗浄の働きもあります。ですので、シャンプーやボディソープなどに含まれていることが多いですが、この界面活性剤には「合成」のものと「天然」のものがあります。
化学的に合成された「合成界面活性剤」はお肌のバリア機能を低下させてしまうので、アトピー肌でお悩みの方には悪影響を及ぼします。

界面活性剤の種類はボトルの裏でチェック!

では、どうやってそれらを見分けるのかというと、シャンプーボトルの裏側の成分表示で見分けます。成分表記は内容に対して多く含まれる成分順に記載することになっています。たとえば、「水」が最初に書かれていれば、その商品も最も多く含まれているのは「水」ということになります。
ドラッグストアなどで手軽に手に入るシャンプーには「ラウレス硫酸Na」もしくは「ラウリル硫酸Na」という成分が書かれていることが多い。この2つは泡立ちをよくするために配合されていますが、実はとても刺激が強い合成界面活性剤です。皮脂を吸着して洗い流すような作用があり、お肌が乾燥している状態の方やアトピーでお悩みの方にはお勧めできません。

頭皮も体の皮膚の一部です

頭皮自体に乾燥やかゆみがなくても、体の皮膚は一枚に繋がっています。毎日のシャンプーはご自身が思っている以上に頭皮に負担をかけていますので、現時点で頭皮に乾燥やジュクジュクした症状がなくても、低刺激のタイプのシャンプーなどを選ぶようにしましょう。
アトピー性皮膚炎の症状がひどい時は、シャンプーを使わないというのも一つの手です。お湯だけで洗うことに抵抗がある人もいるかもしれませんが、日本人は潔癖なタイプの人が多く、洗い過ぎてしまう傾向があるとも言われています。その時の状態に合わせて低刺激シャンプーに切り替えたり、お湯だけで汚れを洗い流したりするようにしましょう。

アトピー症状がある人は低刺激タイプの「無添加アミノ酸シャンプー」を使用している人が多いようです。最近はドラッグストアでも手に入る商品もありますので、気になる人は早速チェックしてみてくださいね。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。