閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

敏感肌・アトピー肌の方必見!乾燥が気になる冬のスキンケア

アトピー肌

湿度と気温が下がって空気が乾燥しがちな冬。健常肌の方でも乾燥に悩まされる人が増えるこの時期は、アトピー性皮膚炎の人にとってもお肌トラブルが改善せず、悩ましい時期かもしれません。
今回は、超敏感肌・アトピー肌の方が冬に気をつけるべきスキンケアのポイントをおさらいしましょう。

バリア機能を低下させないアイテム選びと使う順番

超敏感肌の人もアトピー肌の人も、お肌に刺激を与えるようなケアは避けましょう。洗顔は、お肌に優しい洗顔料をよく泡立てて、優しく洗いましょう。洗顔した後は、油分の少ないアイテムで補水してから油分の多いアイテムでフタをするのが基本です。使う時は化粧水→乳液→クリームの順番でスキンケアします。
しかし、重ねて塗布する=お肌に触れる回数が多いということでもあります。その刺激が気になるという人は、化粧水・乳液・クリームの効果が1つになった超敏感肌用のオールインワンゲルなどを使用しても良いでしょう。

バリア機能強化には保湿成分に注目

保湿成分のセラミドや美白美肌成分のヒアルロン酸にはコラーゲンが含まれています。コラーゲンはゲル状なのでお肌に浸透しやすいのが特徴で、弱っているお肌のバリア機能を強化してくれる効果が期待できます。
高保湿」と書かれている商品にはセラミドやヒアルロン酸が豊富に含まれていることが多いです。こういった商品を使うとお肌の乾燥状態が徐々に改善されます。極端に乾燥が気になる場合は日中でも重ね塗りをするとより効果を実感できます。

配合成分も必ずチェックしてから

先ほど「高保湿」と書かれている商品は保湿成分が多く含まれていることが多いとお伝えしましたが、何と比べて「高保湿」なのか、比較基準があいまいなのが現状です。商品を購入する時に「天然・自然・オーガニック」などの文字がPOPに書かれていて「お肌に優しいのかな?」と思ってしまいがちですが、少しでも「天然・自然・オーガニック」の成分が配合されているだけで、そのようなPOPが付いている場合があります。
化粧品には保存料や防腐剤などの化粧品の品質を維持するための成分も配合されています。効果の高い成分がきちんと含まれているかどうかは化粧品の裏側にある成分表示を見ることで確認できますので、成分表示チェックを習慣にしましょう。

毎日の努力がお肌トラブルの改善につながります。普段から保湿を心がけている人でも、特に空気が乾燥する冬のシーズンは念入りにケアしてくださいね。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。