閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

頭皮の痒みやフケ、もしかしたらアトピーかも!?

touhi

乾燥がひどくなるこの季節。しっかりシャンプーをしているのにフケがおさまらない。ちゃんと洗っているのに頭や頭皮が痒い。頭皮に関するそんな悩みをお持ちの方、実はそれ、頭皮のアトピー性皮膚炎かもしれません。

頭皮の皮膚炎とアトピーのカンタンな見分け方

正確な診断は医師にまかせるべきですが、おおまかに分類すると、フケが大きめで、髪が脂っぽくベタつく感じがする人は頭皮のアトピーではなく、脂漏性皮膚炎の可能性が高いといえます。
パーマ液にかぶれた、育毛剤を使ったらかえって抜け毛がひどくなった、など、原因がはっきりしている場合は接触性皮膚炎の可能性が高いでしょう。
特に原因がないのに、頭皮が乾燥して痒みが長く続いている、細かいフケが出る、という人は頭皮のアトピーが疑われます。

頭皮のアトピーの原因

頭皮のアトピーの引き金になりやすいのは、シャンプーが強すぎる、洗いすぎている、ということ。それでなくても乾燥しやすいアトピー体質の人が強いシャンプーを使って頭皮の油分を取りすぎると、皮膚のバリア機能が弱ってカビやダニなどのアレルゲンに反応しやすくなってしまいます。

頭皮のアトピーになってしまったら

頭皮のトラブルを改善するには、今使っているシャンプーやコンディショナーをいったん止めてみるのがおすすめです。
シャンプーを使わずに頭皮をぬるま湯で洗うだけでも、頭皮の汚れは落とせます。頭皮のアトピーの症状がひどいときには洗浄剤をいっさい使わず、ぬるま湯だけで髪をすすいで様子をみましょう。
フケが出るからといって毎日洗髪していた人は外出しない日は髪を洗わない、シャンプーを使う回数や量を減らすのも有効です。
石鹸をよく泡立てるか、または水で薄めてシャンプー代わりにして、リンスの代わりにお酢やクエン酸ですすぐという昔ながらの方法を試してみてもいいかもしれません。
いずれにせよ、刺激物が頭皮に残らないよう、ぬるま湯でよく洗い流し、調子がよければ続ける、悪化したと感じたらやめるようにしてください。

髪をセットする際のヘアケア剤のつけすぎも、強いシャンプーを使わないと頭皮の汚れが落ちないという悪循環につながります。
どうしてもパサつきが気になるときは頭皮につけても大丈夫なホホバオイルやオリーブオイル、ワセリンなどをごくごく少量、手に取って温め、毛先になじませると、まとまりが出ます。

汗をかきやすい夏はどうしても髪や頭皮をしっかり洗ってさっぱりしたくなりますが、冬は夏ほど匂いも気にならず、帽子などで髪や頭皮をカバーしやすい時期。このタイミングでしっかりケアして、健康な頭皮を取り戻しましょう。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。