閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

アトピーの赤ちゃんが食物アレルギーにならないために知っておきたいこと

赤ちゃん

アトピー性皮膚炎の方は喘息、アレルギー性鼻炎などのアレルギー疾患を合併しやすいというお話を以前にさせて頂きました。そこでアトピー性皮膚炎の赤ちゃんに心配になるのは「食物アレルギー」でしょう。

最近では、「食物アレルギー」という言葉を聞く機会が多くなりました。学校給食でアレルギーの食物を食べてアナフィラキシーショックを起こして呼吸困難になった・・・などというニュースが流れることもあるのですから、心配になるのも当然です。

食物アレルギーと血液検査

湿疹がなかなか治らない赤ちゃんで、血液検査で食物アレルギーが発見されるということはよくあります。ここで注意して頂きたいのは、血液検査で食物アレルギーが発見されるということと、実際にその食物を食べてアレルギーを起こす、ということがまったく同じということではないのです。血液検査である食べ物に陽性反応が出ても、食べたときに必ず同じアレルギーが出るわけではありません。アレルギーの血液検査は、アレルギーの疑いのある食べ物にIgEという抗体をもっているかを調べるという検査になるので、症状が出るかどうかとは別問題になります。本当は実際に食べさせてみて調べれば確実なのですが、アレルギーというものは、重症の場合、命にかかわることもありますので、なかなか実際に食べるという検査をすることは難しいのです。したがって、実際に食べる代わりに血液検査をします。
ただし、実際に食べて症状が出るということと同じではなくても、IgE抗体をもっているということは、その食物は避けた方がよいということになります。

赤ちゃんのアレルギーを防ぐために、お母さんは食事制限を行うべき?

離乳食を開始していない赤ちゃんが血液検査で食物に対して、IgEという抗体をもっているということは、お母さんのオッパイや、お母さんのへその緒から食物が赤ちゃんに入ったと考える方が多いかと思います。しかし、最近の研究では、そうではないということがわかってきました。食物制限を行ったお母さんと行っていないお母さんから産まれた赤ちゃんを比較しても食物アレルギーの罹患率は変わらなかったのです。ですから、お母さんは無理に食事制限をする必要はありません。

アトピー性皮膚炎の赤ちゃんが食物アレルギーになる原因は?

お母さんのオッパイやへその緒から赤ちゃんが食物アレルギーになったのではないとしたら、どこからアレルギーになるのでしょうか?
アレルギーになるためには、一度「感さ」ということをされる必要があります。蜂に刺されて、アレルギーを起こす方がいらっしゃるというのは聞いたことがあると思います。そのときに「一度目は大丈夫、二度目からは要注意」という話をよくしませんか?アレルギーを起こすためには一度そのアレルギーになる物質と接触する必要があり、そのときに「身体がある物質をアレルギーと認識して(=感さ)」その次からアレルギー症状を起こすということになるので、どこかから赤ちゃんに食物アレルギーの原因が入ってくる必要があります。

そのどこからか原因が入ってくるという場所が、実は皮膚からなのです。

皮膚から食物アレルギーになるとはどういうことなのでしょうか?

「小麦からできた石鹸を使って小麦が入っている食べ物が食べられなくなった」という事件が世の中を震撼させたことを覚えている方は多いのではないでしょうか。まさにこれと同じことです。皮膚に湿疹があって荒れているところこに触れた食べ物がアレルギーになるのです。

アトピー性皮膚炎の赤ちゃん、皮膚を良い状態に保ちましょう。

アトピー性皮膚炎の赤ちゃんは、デリケートな肌の持ち主です。スキンケアをきちんと行わないと湿疹が起きやすい。皮膚が荒れていると痒みで熟睡できなかったり機嫌が悪くなってしまうばかりでなく、食物アレルギーになる可能性もあるのです。アトピー性皮膚炎の赤ちゃんのスキンケアはとても大切なのだということを是非とも知っていただきたいと思います。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。