閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

★洗濯洗剤、柔軟剤にご注意!

洗濯

 体を洗うとき、洗浄力の強いものは使わない、ゴシゴシ擦らない、といったことを心がけているアトピー患者さんは多いと思います。では、衣類の洗濯洗剤、柔軟剤にも気を使っていますか?

 よく、赤ちゃんで顔やおむつ部分だけアトピー症状が軽い場合は衣類洗剤に問題があるのでは?と言われます。
 大人でも、シャツの首まわりや下着のゴムなど、肌に密着する部分の症状が特にひどい場合は洗剤や柔軟剤の刺激が関係しているかもしれません。

洗剤、柔軟剤で注意したい成分

 避けたほうがいいとされるのは、合成界面活性剤。水と油を混ぜ合わせ、汚れを落とす働きをするもので、衣類洗剤と柔軟剤に限らず、シャンプーや化粧水など、多くの製品に含まれています。
 完全に避けるのは難しいですが、合成界面活性剤の含有量が少ないものを選ぶようにしたり、念入りにすすぎを行ったりすることで、影響を減らすことができます。
 

おすすめの洗剤とは

 合成洗剤の代わりに何を使えばいいかというと、合成成分を含まない純石鹸が推奨されています。ただ、石鹸は洗浄力が強く、お風呂で肌に直接使うと皮脂を奪いすぎてアトピー症状が悪化することもあります。洗濯に使うには、溶かしづらい、石鹸カスが残る、衣類が黄ばむ、といった難点も。
 アトピーの症状や洗濯物の汚れ度合いによって使い分ける、使用する量を調整する、といった工夫が必要です。

他にもこんな注意を

 最近、華やかな香りが長く持続する柔軟剤が流行っています。
 肌へのダメージを減らすためにタオルや衣類をふわふわに仕上げたいと使っている柔軟剤が逆効果になっているかもしれません。
 肌への刺激だけでなく、香りを吸い込むことによってアレルギー症状が出るケースも。
 使わなくてすむなら、症状がひどいときには柔軟剤を止めてみるのも一案です。
 

 無添加と表示されている商品でも、香料や蛍光増白剤が無添加なだけで、合成界面活性剤は使われているものもあるので、選ぶときには成分表示を見るクセをつけましょう。
 体質や症状によって合う/合わないもありますから、神経質になりすぎず、自分の肌と相談して選んでみてくださいね。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。