閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

アトピー肌に刺激は禁物!正しくクレンジング洗顔するポイントとは

クレンジング

お肌の乾燥がひどくてもメイクは楽しみたい!と化粧品選びにこだわって、お肌に合うメイクアイテムを探し求める人も多いと思いますが、メイク落としにもきちんと気を配っていますか?正しいクレンジングをしないとお肌への負荷が高く、お肌の状態が悪化してしまうことも。
そこで今回は、アトピー肌にも優しい、正しいクレンジング洗顔のポイントをご紹介します。

1.クレンジング料はたっぷりと使う

「お肌に優しい価格の高い化粧品を使っているから」という理由でクレンジング料をちょっとずつしか使っていない・・・なんてことをしていませんか?お肌に塗ったメイクを落とすこと自体、お肌に大きな負荷になります。クレンジングする時に一番気をつけたいのは“摩擦”です。できるだけ摩擦が少なくなるように、クレンジングに使うオイルやクリームはたっぷり使いましょう。少ないと、手とお肌の間のクッション性が低く、お肌をこすりつけるような落とし方になってしまいます。

2.目元口元はポイントクレンジングをする

前述のように、クレンジングの時に一番気をつけたい“摩擦”。目元口元は他のパーツに比べて皮膚が薄いため、同じようになじませてしまうと力が入りすぎてしまう可能性があります。ポイントメイクリーム―バーでメイクを落とすと一番負担が少ないですが、専用リムーバーが無い場合は、まず、目元口元にクレンジングを優しくなじませて、メイクがしっかり落ちていることを確認してから、お顔全体のクレンジングをするようにしましょう。
クレンジングをお肌になじませる時、人差し指を使うと力が入りすぎてしまうので、中指と薬指でくるくると馴染ませるとお肌への負担が軽減できます。

3.W洗顔はしない

通常、クレンジング料でメイク落としをしてから洗顔フォームで顔を洗う、いわゆる“W洗顔”をしている人はできれば止めてください。洗う回数が増えればその分刺激が増えますし、クレンジング料や洗顔フォームを洗い流す時にお肌本来が持っている必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性があります。
W洗顔が必要なのは、目元口元などをしっかりメイクした時だけにして、普段はW洗顔不要なクレンジング料で1回でメイク落としを終えるようにしましょう。

今回はクレンジングについてご紹介しました。これからの季節、気温が下がり乾燥しやすい時期になりますので、お肌の乾燥を防ぐためにもクレンジング方法を見直してみてくださいね。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。