閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

アトピーにお酒は厳禁!?

お酒

お酒を飲むと痒みが出たり、肌が赤くなったりする……。
アトピーに良くないとわかっていても、お酒を飲みたいとき、ありますよね。
本当にお酒はアトピーの敵なのか、その理由はなんなのか。アトピーを悪化させずにお酒を楽しむ方法はないのか、お酒とアトピーについてちゃんと考えてみたいと思います。

酒・アルコールを飲むと…

 酒・アルコールが体内に入ると血管が拡張、血流が増えて血管の周りの神経を刺激し、体が熱くなって、痒みを感じやすくなります。しかも、酔っぱらっていい気分になると「掻いちゃだめ」という判断力や痛みの感覚が鈍って、ついつい掻きすぎてしまいがち。特に、寝る直前の飲酒は睡眠中に掻きむしってしまう原因になりますから、控えたほうがいいでしょう。

お酒が分解される際に…

 お酒に含まれるアルコールは肝臓で分解されますが、そのときにたくさんのビタミンを必要とします。肌細胞の再生に大切なビオチンも消費されてしまうのです。
 また、アルコール分解の過程で生成される「アセトアルデヒド」には抹消神経を刺激する働きがあり、アトピーにも悪影響があるとされています。
 お酒には利尿作用もあって、水分を体外に出してしまうため、肌の乾燥にもつながってしまいます。
 やはりお酒の飲み過ぎはアトピーにも悪影響を与える可能性があるんですね。

お酒の飲み方の工夫で楽しく

 では、どんなお酒の飲み方をすればいいのでしょうか。
 心がけてほしいのは、急激に酔いがまわらないよう、お酒を飲む前に食事をしておくことです。食事は無理でも、つまみはきちんと食べること。揚げ物やお菓子ではなく、野菜スティックやピクルスなどを選ぶようにするとヘルシーですね。
 お酒の一気飲みはもってのほか。お酒の中でもワインには抗酸化作用があるといわれています。ワインはアルコール度数が高すぎず、がぶ飲みするものでもありませんから、お酒の中では比較的ワインがおすすめです。ただし、赤ワインは痒みを引き起こすヒスタミンも含んでいますので、適量を守るようにしましょう。
 お酒を飲むときには他に水分は取らないという人が多いと思いますが、アルコール分を薄め、脱水症状を防ぐため、お茶や水も意識的に飲むようにしてください。

 うまくつきあえば、アトピーの原因のひとつとも言われるストレス解消に役立つお酒。休肝日を設けたり、家ではお酒を飲まないというルールを作ったりして、自分の肌の調子と相談しながらほどほどにお酒を楽しんでくださいね。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。