閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

【しのぶ先生コラム】すごい!プロアクティブ療法

すごい

「アトピー性皮膚炎がよくなったと思ったのにまた悪くなってしまう・・・。」

アトピー性皮膚炎の方ならどなたも悩むことだと思います。そこで今回は、アトピー性皮膚炎が再発しにくくなる方法についてお話したいと思います。

「プロアクティブ療法」という言葉を聞いたことがございますか?
「プロアクティブ」というとニキビの基礎化粧品で有名かと思いますが、これはれっきとしたアトピー性皮膚炎の治療法のお話です。

今まではアトピー性皮膚炎の治療は、症状が出たら(皮膚が赤くなったりかゆくなったりしたところ)お薬を塗るということをしてきました。ふだんは保湿剤を塗り、症状が出たら薬を塗る方法です。元来の方法を「プロアクティブ治療」に対し、「リアクティブ治療」と言います。

これに対して「症状が出ていないところにもお薬を塗る」という方法があります。これをプロアクティブ療法といいます。
症状が出てないところにも週に1~2回薬を塗るのです。

お薬は副作用の心配がありますから、良くなった皮膚に薬を塗るということに抵抗があるかもしれません。しかしこの「プロアクティブ療法」を行ったからと言って、副作用の発現率が高くなるわけではありません。
さらに、アトピー性皮膚炎の再発率は半分以下に減り、症状のコントロールがつきやすくなるということがわかっています。

それでは具体的にプロアクティブ療法について説明させて頂きます。

プロアクティブ療法のやり方

以前皮膚に炎症があったところ(赤いところかゆいところ)に2日に1回お薬を塗ります。

☆お薬は炎症があったときに使ういつものお薬で大丈夫です。
☆塗る量はアトピーの症状があった時よりも減らすとよいでしょう。保湿剤で半分にうすめると塗りやすいかと思います。
☆2日に1回外用して炎症が再燃しなければ、3日に1回、4日に1回と少しずつ塗る回数と量を減らしていきます。
☆炎症を止めるお薬を塗らない日は、保湿剤のみをきちんと外用します。

ポイントは、炎症が治ったところにもきちんと塗ることと、塗る量を少しずつ減らしていくこと、そして少しずつ塗る日数を減らしていくことです。

たったこれだけで再燃する確率が劇的に下がるだけではなく、皮膚の炎症のコントロールがつきやすくなります。皮膚に炎症が起きている期間が長いと、皮膚の細胞の能力は低下し、炎症後色素沈着という黒ずみが残り、そのあとは消えることがなかなか難しくなります。

症状が出たときにお薬を塗るリアクティブ療法についてはみなさんご存知だと思いますが、こちらのプロアクティブ療法についてはご存知なかった方も多いのではないでしょうか?

プロアクティブ治療が今はスタンダードとなりつつあります。いつものお薬を全身に塗るだけの簡単な治療ですので、是非おためしなさってくださいね。

プロアクティブ療法をしのぶ先生が動画で解説♪
「アトピー再発を防ぐプロアクティブ療法!」

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。