閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

アトピー性皮膚炎の遺伝要因を解明!ワセリンでアトピー発症予防の裏付け。

アトピー原因

今年の4月26日に理化学研究所がアトピー性皮膚炎に関する非常に興味深い研究発表を行いました。 その研究結果とは、アトピー性皮膚炎の原因遺伝子を突き止め、さらにワセリンを塗ることでアトピー性皮膚炎の発症を予防できる可能性があるというものです。 早速その研究成果を紐解いてみましょう!

これまでのアトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎は遺伝要因と環境要因が複合的に起こる疾患として考えられています。 環境要因に関しては、生活環境や清潔さ、ストレスや睡眠不足といったことが要因だということがわかっていましたが、遺伝要因の細かい部分がわかっていなかったために、今回の研究がなされたのです。

今回の研究内容について

今回、理化学研究所が行った研究内容の要旨を引用します。

共同研究グループは、遺伝要因を明らかにするため、マウスに「化学変異原」を投与し、その中から、かいたり擦ったりする掻破(そうは)行動の強い皮膚炎を発症するマウスを選別しました。このマウスは清潔な環境で飼育しても、生後8 ~10週間でアトピー性皮膚炎を発症します。
病気の原因となる遺伝子変異を調べたところ、さまざまな細胞の増殖や分化に重要なサイトカイン のシグナル伝達因子である「JAK1」分子の遺伝子配列に点突然変異が生じ、JAK1のリン酸化酵素であるキナーゼ活性が増加していることを突き止めました。
これにより、発症前から表皮細胞の古い角質が剥がれるときに発現するプロテアーゼ(ペプチドの加水分解酵素)群の遺伝子発現が上昇し、角質による皮膚バリアに機能障害が起こっていることも分かりました。このマウスの皮膚にJAK阻害因子を塗ったところ、プロテアーゼの発現は抑制され、アトピー性皮膚炎の発症を遅らせることができました。軟膏基質として使われるワセリンを塗ることでも、発症の予防ができました。このとき、皮膚バリア機能も正常と同等に保たれるだけでなく、真皮(表皮の下にある線維性結合組織)の炎症発生も抑制されることが明らかとなりました。 共同研究グループでは、ヒトのアトピー性皮膚炎でも同じことが起こっているのかどうかを調べるために、アトピー性皮膚炎の患者の皮膚組織を調べたところ、6例中4例の表皮細胞でJAK1が活性化していることを発見しました。

今回の研究内容を3行で説明すると…

上で引用した研究内容はしっかり読み込まないと難しいと思うので、、、3行で説明します!

アトピー性皮膚炎は「JAK1」というシグナル伝達因子が活性化していることを突き止めた。

さらに、JAK1の活性化により、皮膚バリア機能が低下することがわかった。

ワセリンを塗ることでアトピー性皮膚炎の発症を予防し、炎症が抑制されることがわかった。

今回の研究結果で今後期待できること

今回の研究により、アトピー性皮膚炎を発症するかどうかが「JAK1」が活性しているかどうかを調べることにより、アトピー性皮膚炎を発症する可能性があるかどうかわかるようになります。
そして、アトピー性皮膚炎を発症する可能性が高い皮膚でもワセリンを塗ることで、アトピー性皮膚炎の発症を抑えることができるということなのです。

今後も、より詳しく調べていくことで、アトピー性皮膚炎の様々な原因を特定し、その予防法を確立することが出来るようになるでしょう。

医学の進歩は本当に目覚ましいです。
アトピー性皮膚炎が過去の病気となることを願いつつ、さらなる研究に期待しましょう!

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。