閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

知っておきたいアレルギーの基礎知識

アレルギー

アトピー性皮膚炎はアレルギー疾患のひとつです。では、そもそもアレルギーとはどういうものなのでしょうか。

アレルギーとは、ごく簡単にいうと、特定の物質に対して免疫反応が過剰に起きてしまった状態をいいます。
免疫反応は本来、有害な異物を排除するために必要な働きなのですが、それが過剰になりすぎて、痒みや鼻水が止まらないといった不快な症状が続いてしまうのです。

アレルギーのタイプはいくつかに分類されますが、アレルギーが原因で起こる疾患には次のようなものがあります。

■アトピー性皮膚炎

痒みを伴う湿疹が長く続きます。

■蕁麻疹

食物や薬剤などに反応して、痒みを伴う赤みを帯びた発疹が急激に広がります。

■アレルギー性鼻炎

ダニ、カビなどによって引き起こされる通年性のアレルギー性鼻炎と、花粉によって引き起こされる季節性のアレルギー性鼻炎(花粉症)に分けられます。くしゃみ、鼻水、鼻づまり等の症状があります。

■アレルギー性結膜炎

花粉、化学物質などによって目の痒み、炎症などの症状が出ます。

■気管支喘息

ハウスダスト、花粉、食物、薬物、煙、ストレスなどの刺激が引き金となって、咳、息切れ、痰などの呼吸器症状が出ます。
アトピー性皮膚炎と併発することも多いといわれています。

■アレルギー性胃腸炎

アレルギー反応を引き起こす食物の摂取によって、腹痛、下痢、嘔吐などの胃腸疾患が起きます。

■口腔/粘膜症状

喉や口のなかがイガイガする、唇が痒いなどの症状が出ます。喉の粘膜が腫れると気道が狭くなり、窒息する可能性もあります。

■アナフィラキシー

短時間のうちに複数の症状が同時に強く出ることをいいます。血圧が低下して、意識を失い、呼吸困難に陥って、最悪の場合、生命を落とすケースもありますので、注意が必要です。

アレルギーを持っている人はアトピー性皮膚炎と花粉症など、複数の症状を発症することがよくあります。
きちんと知っておきたいアレルギーについて、原因となる物質や検査方法など、今後も皆さんが気になるアレルギーの話題について詳しくお伝えしていきます。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。