閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

私の赤ちゃん、アトピー性皮膚炎?

赤ちゃん

「赤ちゃんなのに、皮膚が荒れている。うちの子アトピーですか???」赤ちゃんで皮膚トラブルが起こって病院にいらっしゃるお母様方のキーワードは「アトピー性皮膚炎」と「アレルギー」。赤ちゃんが「アトピー性皮膚炎」か「アレルギー」だと大変だ!と、漠然と思っていらっしゃる方が多いように感じます。現代はアレルギーの時代。アレルギー疾患をお持ちでない方のほうが少ないくらいですので、「アトピー性皮膚炎」も「アレルギー」も、きちんと理解して向かい合いたいものです。「わからない」から不安なのです。きちんと理解できれば何も怖くはありません。

うちの赤ちゃんアトピー?

産まれたての赤ちゃんが皮膚トラブルを何度も起こしたり、ひどい皮膚トラブルを起こすとき、「アトピー性皮膚炎」の可能性が高いのでしょうか?
ご両親にアレルギー疾患の方がいらっしゃる・・・代表的なものは喘息とアトピー性皮膚炎・・・その場合は赤ちゃんが「アトピー性皮膚炎」である可能性は、いない方より高くなります。また、赤ちゃんに左右対称に2ケ月以上の間、かゆみのある赤い湿疹が続くなども参考になります。
ただし、確実とはいえません。赤ちゃんは皮膚が未熟ですので皮膚炎を多く起こしますし、月齢の低い赤ちゃんの場合は経過を見ないと何ともいえないことがあります。

赤ちゃん特有の肌トラブルとは?

また、アトピーの他にも赤ちゃん特有の皮膚のトラブルはたくさんあります。
赤ちゃんの皮膚トラブルには例えば、脂が多くなることでできる脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)、皮膚が乾燥することによってできる湿疹、男性ホルモンの影響でできる新生児ざ瘡(ざそう:にきび)、赤ちゃんがよだれやミルクをお顔にこぼしたり、寝返りをするたびに床に顏をこすりつけることでお顔にできる接触皮膚炎(せっしょくひふえん:かぶれ)など。
赤ちゃんをお持ちのお母さんは赤ちゃんの皮膚ケアをいつも心がけないといけません。私も子育て真っ最中のときは、おむつかぶれの薬、虫さされの薬、キズ薬、カサカサ予防の薬など、家に必ず塗り薬を常備していて、赤ちゃんの皮膚ケアに本当に役に立ちました。

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎

赤ちゃんは湿疹を多く起こします。そんな赤ちゃんの湿疹に「乳児湿疹」という呼称があり、「乳児湿疹」は、1歳を超えるくらいからだんだんと自然に治っていきます。
「乳児湿疹」と「アトピー性皮膚炎」の見分け方は、赤ちゃんに典型的なアトピー性皮膚炎の発疹が全身にあったり、1歳を超えてもスキンケアを丁寧に行わないと湿疹を繰り返すようでしたら、その赤ちゃんは「アトピー性皮膚炎」の可能性が高いです。

このように、赤ちゃんは湿疹を起こすことが非常に多いので、「アトピー性皮膚炎」の診断をつけることがなかなか難しいのです。また、アトピー性皮膚炎の赤ちゃんは他の皮膚炎を合併することも多く、「アトピー性皮膚炎」だけなのか、他の皮膚炎を合併しているのかをきちんと見分けることも困難です。

しかし、無理やり急いで赤ちゃんの皮膚トラブルの診断を付ける必要はないのです。実は、「乳児湿疹」でも「アトピー性皮膚炎」でも対処方法は同じ。赤ちゃんの皮膚を清潔にし、保湿をし、炎症が起きたら炎症を止める薬を塗るということです。皮膚炎の対処方法を知っていれば、「アトピー性皮膚炎」も怖くない。赤ちゃんの皮膚炎の対処方法については、また別記事にてご紹介したいと思います。

お母さんがアトピーですと、赤ちゃんにアトピーが遺伝する可能性があります。
赤ちゃんがアトピーであっても、そうでなくても皮膚のケアをマメに行うようにいたしましょう。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。