閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

ますます増える“大人のアトピー”。発症原因と症状を再まとめ

%e5%a4%a7%e4%ba%ba%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%88%e3%83%94%e3%83%bc

最近では「大人になってからアトピーになった」という話もよく耳にします。「子どもの頃、アトピーだったんです」という人で徐々に改善された人はたくさんいますが、なかなか改善されずに悩む人、突然大人のアトピーになって困っている人も多いようです。
そこで今回は、“大人のアトピー”と子どもの時に発症したアトピーを比較しながら、原因とその症状を改めてまとめていきます。

“大人のアトピー”は子どもの頃のものとは全く別なもの

大人になって症状が出てくるアトピー症状は同じでも原因は子どものものとは全く異なります。子どもの頃は、お肌のバリア機能がうまく機能せずお肌を守る力が弱い、アトピーが遺伝したなどが原因の場合がありますが、大人になってから発症するパターンの場合、大きな要因として考えられるのは環境の変化、乱れた食生活、過度なストレスなど、自身を取り巻く環境が起因している場合が多いです。

大人のアトピー、主な原因は?

大人のアトピーの場合、様々な要因が重なって発症する場合が多く、原因を特定するのが難しいと言われています。花粉症のように「アレルギー源はスギ花粉なので、スギ花粉が付かないようにしましょう」という対処ができないということです。
子どものアトピーはお肌のバリア機能が機能していない(育っていない)状態であることが原因の場合、大人になって機能が向上すれば症状が緩和される可能性があります。しかし、大人のアトピーの場合は、お肌のバリア機能が成長して強くなることが望めないため、症状改善に時間がかかるのです。
主な原因としては、風邪を引いて免疫力が低下しているときに急激に何かしらのストレスがかかった、不規則な生活で寝不足が続いているなど、現代人なら誰にでも発症してしまう可能性がありそうな理由ばかりです。

大人のアトピー、代表的な症状は?

大人のアトピーは、全身の皮膚が乾燥し、毛穴が盛り上がってガサガサしたお肌になります。症状が出やすい箇所は「足・腕・背中・首・胸」で、上半身に多く出る傾向があります。ガサガサした皮膚にかゆみがあって掻いてしまった結果、ボツボツと湿疹のようになり、それがつぶれてジュクジュクした湿った状態になると回復まで時間がかかってしまいます。
また、アトピー症状が出ている最中に、唇にヘルペスができたり、顔全体に広がるカポジ水痘様発疹症になってしまったり、他の皮膚炎を併発してしまうこともあります。

誰にでも発症の可能性がある“大人のアトピー”。疲労やストレスが溜まってきたな、と思ったら適宜休息を取ることをお勧めします。また、「もしかして?」と感じたら自己判断せずに速やかにお医者様へ相談に行くことをお勧めします。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。