閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

季節の変わり目に急増!「ゆらぎ肌」「ストレス肌」解消法

ゆらぎ肌

晴天の日は真夏のように陽射しが強くなり、気温も急上昇。雨が降るとグッと寒くなって、前日との気温差が10度近くになることも。不安定なこの時期、体調も肌の調子もいまひとつ、なんて方も多いのではないでしょうか。
そんな季節の変わり目に増えると言われているのが「ゆらぎ肌」「ストレス肌」です。アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患に至る手前、肌が敏感になっている状態をいいます。
肌の状態がそれ以上、悪化することのないよう、対策を考えてみましょう。

「ゆらぎ肌」って?

刺激に弱く、部分的に吹き出物が出来たり、カサついたり。状態としては、「敏感肌」とよく似ています。ただ、「敏感肌」は1年を通して常に肌が敏感なのに対して、「ゆらぎ肌」は季節の変わり目や生活の変化などに伴って症状が出やすいのが特徴。
特に、花粉が飛んだり、寒暖の差が大きかったり、新入学や異動といった生活環境の変化も増える春先に多いと言われています。
生理の前後など、ホルモンバランスの変化によって、一時的に吹き出物が増えたり、肌がピリピリしたりするのも一種の「ゆらぎ肌」といえるでしょう。

「ゆらぎ肌」に多い症状は?

「ゆらぎ肌」として挙げられるのは次のような症状です。

*いつも使っている化粧水などがしみる
*化粧のノリが悪い
*肌がつっぱる、ゴワゴワする、違和感がある
*肌がベタつく、テカる
*髪の毛などの刺激で痒みを感じる
*急に吹き出物、ニキビができた

「ゆらぎ肌」を悪化させないためには?

肌への刺激を避けるケアが必要です。具体的には、洗浄力の強すぎる洗顔料などは使わない、メイク落しやタオルで拭く際にゴシゴシこすらない、刺激の少ない化粧水などを使ってしっかりと保湿をする、など。
肌が弱って過敏になっている状態ですから、いつもと違う特別なケアは避けましょう。高い美容液やパックがかえって負担になってしまうこともあります。
あとは刺激物や油っぽい食事を避けて栄養をしっかり取り、睡眠不足を避けること。

「ゆらぎ肌」は一時的なものですから、神経質になりすぎないことも大切です。もしも不安定な状態が長く続き、症状が悪化してしまうようなら、それは「ゆらぎ肌」ではないかもしれません。そのときは皮膚科できちんと診断してもらってくださいね。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。