閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎とは?ss

アトピー性皮膚炎

「アトピー性皮膚炎」とは、皮膚の乾燥とアレルギーを中心としておこってくる慢性的な皮膚炎です。

デリケートな皮膚

皮膚に特徴があります。遺伝などにより、保湿機能が低く、乾燥しやすいのです。皮膚は、天然保湿因子を自身で皮膚の表面に出すことにより、うるおいを保ち、そのうるおいで外敵から体を守っています。しかし、アトピー性皮膚炎の方は、ご自身の力だけで皮膚の状態を綺麗に保つことが難しいということがあります。

アレルギーを起こす皮膚

外界からの体を守る人体最大の臓器ですが、皮膚の乾燥は、外敵を容易に皮膚の内部へ侵入させます。外敵が皮膚に入ってくるとかゆみが生じ、皮膚炎を起こします。
また、もともと皮膚の内部へ入るはずではなかったものが入ってきますので、体はそれを敵と認識してしまいます(アレルギー)。一度アレルギーになったものはずっとアレルギーとなることが多いものです。
ですので、おおくのアレルギーを抱えることになります。

かゆみとの戦い

外敵が皮膚の内部へ入ってきますと、体は敵を追い払おうとかゆみシグナルをだします。かくことで、敵を追い払うだけならよいのですが、かくことで皮膚を壊します。
もともとデリケートでアレルギーの起こしやすい状態であった皮膚を、かくことでさらにアレルギーの起こしやすい状態にします。
痛みは我慢できても痒みは我慢できないといいます。かゆいことで、「仕事や勉学に集中できない」「夜眠れない」など日常生活に支障をきたします。

荒れた皮膚が見える精神的苦痛との戦い

皮膚が乾燥していることでガサガサみえる、皮膚の炎症を繰り返すことで、皮膚の色が黒ずみ皺だらけになる、皮膚炎を起こしていて、皮膚がただれている・赤く見える。
こういった皮膚の状態は外から見えるので、アトピー性皮膚炎の方々は常々、精神的苦痛に耐えています。

慢性的に続く皮膚症状

もともと皮膚がデリケートなので、スキンケアを丁寧に行わないと、容易に皮膚炎を起こします。汗を多くかいたり、乾燥の強い冬などはスキンケアを行っていても、症状が強くでることもあります。
良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、長期的に肌トラブルとうまくつきあう必要があります。

正しい知識を持つ必要性

アトピー性皮膚炎の方に一番必要なのは、正しい知識です。きちんとしたスキンケア・トラブル対応法を学んで、綺麗な皮膚を保つことが大切です。

かかりつけ医とともに歩む

生きていれば風邪をひくことがあるように、皮膚も皮膚炎を起こすことがあります。アトピー性皮膚炎の方は、皮膚がデリケートですから、皮膚炎を起こすことが多い。
最新の最適な治療をするために、かかりつけ医を持ちましょう。

wholesale jerseys cheap nfl jerseys cheap jerseys

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。