閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

夏から秋、季節の変わり目のアトピー対策

汗や紫外線など、肌への刺激が多い夏はアトピー患者にとって辛い季節。今年もようやく暑さのピークを過ぎ、体は少し楽になってきたものの、肌の調子は相変わらず……という方も多いのではないでしょうか。
四季のなかで秋は比較的、アトピーの症状が出にくいという説もありますが、季節の変わり目はアトピーに限らずさまざまな不調の出やすいときです。
アトピーの原因や症状は人によって異なりますが、この時期だからこそ気をつけたほうがいいことについて考えてみました。

まず、いちばんに挙げられるのは、厳しい夏に受けてしまったダメージ。

summer_l

肌だけでなく、疲れは胃腸にも及んでいます。食欲の秋とはいえ暴飲暴食は避け、旬の味覚をバランスよく摂取して、回復に努めましょう。
肌に関しては、夏から秋にかけてぐっと湿度が低下し、空気が乾燥していくのも大きなマイナス要素です。乾燥がさらに激しくなる冬に向けて、今のうちに保湿ケアをスタート。夏のダメージで肌がセンシティブになっている時期ですから、自分に合った刺激の少ない保湿剤で、少しずつ肌に潤いを与えてあげてください。

もうひとつ、秋にアトピーが悪化する原因には、花粉やハウスダストによるアレルギーの影響が挙げられます。

autume

秋は春の次に花粉が多く飛散する時期。イネ科の植物、ブタクサやヨモギなどのキク科の植物にアレルギーがある方は注意が必要です。
また、意外にも秋は昆虫アレルゲンやカビ、ハウスダストが増える時期でもあります。高温多湿の夏の間に発生したダニ、ユスリカ、ガ、ゴキブリなどの死骸やフンが細かい粉状になり、アレルギーを引き起こすのです。空中真菌(カビ)も、あまり開け閉めしないクローゼットや押し入れのなかで夏の間に増殖。秋冬の服や布団を取り出す際、部屋中に舞い散って、アレルギーやアトピー症状を悪化させます。
外から帰ったら、服や髪についた花粉をよく落とすこと。衣替えをするときはマスクなどでガードした上、肌に刺激を感じたらすみやかに洗い流します。布団やシーツなど洗えるものは洗い、天日に干して、表面に掃除機を掛けるなどの対策を。空気清浄機も取り入れるといいでしょう。

さらに、夏から秋へと季節が移っていくこの時期は、昼間と夜の寒暖の差が大きく、残暑の日と冷え込む日が入り交じるため、季節の変わり目のなかでも特にホルモンバランスを崩しやすいといえます。スポーツの秋に芸術の秋、自分の好きなことに取り組んでストレスを溜めないことも大切ですね。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。