閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

アトピー性皮膚炎の血液検査

アトピー性皮膚炎の血液検査

アトピー性皮膚炎の治療として、原因と現状を知ることがとても重要です。
そこで今回はその原因と症状を知ることが出来る「血液検査」に関してご説明いたします。

アトピー性皮膚炎患者さまの血液検査

アトピー性皮膚炎の患者さまが必要な血液検査は、悪化因子を探すための検査と今の状態を把握する検査です。

全体のIgE(アイジーイー アレルギーの検査)

IgEには、全体のIgEと、一つ一つのIgEがあります。全体のIgEというのは、患者様がどの程度アレルギー体質かということを調べるということです。IgEが高ければアレルギーによって皮膚炎が悪化しやすいということがわかります。

個別のIgE(特異的アイジーイー アレルギーの原因検査)

何アレルギーというように、個別のアレルギーの値をはかります。ホコリのIgE、卵のIgEというように、悪化の原因となっていると考えられる物資のアレルギーをはかります。どれか数個にだけアレルギー症状は強いけれども、全体的にはアレルギーが強くないということもあります。

好酸球、LDH、TARCターク(今の状態を図る検査)

•現在の皮膚症状の指標です。症状に俊敏に反応します。今のスキンケア・治療がうまくいっているのかが検査値でわかります。見た目はよくても値が高いときは、炎症が残っていることがわかりますし、定期的に検査をすることで、皮膚炎の程度がどの程度かがわかります。

いかがでしたでしょうか。
今回お話した検査は病院ですぐに行うことが出来る検査です。まだやったことが無い方、やったことはあっても前回の検査から随分時間の空いている方は、定期的に血液検査を受けられることをおすすめいたします。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。