閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

アトピー性皮膚炎の治療(飲み薬)

アトピー性皮膚炎の治療(飲み薬)

前回、アトピー性皮膚炎治療の薬として塗り薬を説明しました。今回は飲み薬のお話をします。

アトピー性皮膚炎の患者さまがもっとも辛いのはかゆみです。かゆみを抑えるために飲み薬を使います。
掻くことで皮膚炎が悪化しますので、かゆみのコントロールはとても大切です。治療は抗アレルギー剤・抗ヒスタミン剤が主軸となります。

以下、まとめましたので、確認してまいりましょう。

第一世代抗ヒスタミン薬

抗ヒスタミン薬のうち、次に挙げている第二世代抗ヒスタミン薬の開発よりに開発された薬です。昔からあるアトピー治療の薬です。
第二世代抗ヒスタミン薬だけでは効果が不十分なときに、補助的に使うという使い方が多いです。
アタラックスP、ペリアクチン、ポララミン、ダベジールなど

緑内障や前立腺肥大などの下部尿路に閉塞性疾患のある方や高齢者の方は服用を避けて下さい。

第二世代抗ヒスタミン薬

眠気や認知機能の能力の低下といった副作用がある第一世代抗ヒスタミン薬に変わって、抗ヒスタミン作用に重点を置いたものが、第二世代抗ヒスタミン薬です。
アトピー治療の飲み薬の主軸となる薬です。病院で一番始めにもらう薬であることが多いでしょう。新薬はほとんどこちらに入ります。
アレロック・アレジオン・ジルテックなど

※第一・第二世代抗ヒスタミン薬の副作用として、「だるい、眠い」ということが共通してあげられます。

抗ヒスタミン作用のないもの

抗ヒスタミン薬を使用しても効果が不十分なときに、補助的に使います。
リザベン・アイピーディなど

ステロイド

アトピー性皮膚炎の患者さまがステロイドを内服することはほとんどありません。

上記が代表的なアトピー性皮膚炎治療のための飲み薬となります。
ご自身の症状に合った飲み薬を選んで、少しでもアトピーの症状が良くなるようにしてまいりましょう。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。