閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

アトピー性皮膚炎の治療(塗り薬)

アトピー性皮膚炎の治療(塗り薬)

アトピー性皮膚炎の治療は現段階では根本的なものがありません。したがいまして、主要な症状を軽減するための治療を行う対症療法が主体となります。また、皮膚の表面に炎症を起こす疾患ですので、飲み薬よりも塗り薬が主体となります。
今回はアトピー性皮膚炎治療のための塗り薬について解説いたします。

ステロイド外用薬

アトピー性皮膚炎に一番効果的な治療薬です。ただし、ステロイド外用薬には数十種類あり、強さ・種類・添加物などがすべて異なりますので、正しい使い方をすることが必要です。全身の皮膚においても吸収率が違うので、塗り分けも必要になります。適切に使うことで安全であることが科学的に立証されています。

非ステロイド外用薬

炎症を十分にとめることができないことと、かぶれを起こしやすいことから、塗り薬のアレルギーを起こす可能性もあり、アトピー性皮膚炎の方が使うことは少ないため、廃盤となる薬が多く現段階では数種類しか残っていません。ステロイド外用薬に抵抗のある患者さまが使うことがあります。

プロトピック軟膏

大変効果的な薬です。分子量が大きいため、使い始めは赤くなったりひりひりするなどの皮膚の刺激症状がありますが、慣れれば軽減します。強さに限界があるので、重症の皮膚炎には使えません。また、太陽との相性が悪いため注意が必要です。

塗り薬はアトピーの治療に効果がある反面、副作用が怖いというイメージがおおきいですよね。しかし、正確な使い方をすれば塗り薬はとっても強力な味方になってくれます。
使う際はお医者さんに使い方を詳しく聞いてから効果的に使いましょう。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。