閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

アトピー性皮膚炎の予防

アトピー性皮膚炎の予防

「アトピー性皮膚炎」で、皮膚炎を起こさないための予防はとても大事です。
ではアトピー性皮膚炎を予防するためにはどのようなことをすればよいのでしょうか。
4つの大事なポイントをまとめましたので、しっかりと実践してまいりましょう。

皮膚を清潔に保つ

皮膚にトラブルを起こしやすいことがありますので、皮膚についたホコリ・花粉・汗・汚れは皮膚炎の原因となります。清潔に保つことが大切です。しかし、熱いお風呂に入ることは皮膚のあぶらを取ってしまいますし、固いタオルで強く洗うことは皮膚を壊してしまい逆効果ですので、正しい方法で皮膚を清潔に保つことが大事です。

スキンケア

皮膚の保湿・保護機能がもともと弱いので、保湿をきちんと行うことが大切です。夏の暑い時期はローションやクリームなど、冬はワセリンなどを使いましょう。乾燥が弱いときはお風呂あがりだけでもよろしいですが、乾燥が強いときは一日数回外用して、適度に保湿された皮膚を保ちましょう。

悪化因子を除去する

人それぞれ皮膚炎が悪くなる季節、状況というものがあります。皮膚炎が悪くなるときはいつなのか、状態が悪いときの記録をつけて、悪化因子を除去しましょう。また、採血によりアレルギーの原因を見つけることができるかもしれません。悪化因子を見つけ、生活環境や生活パターンを変えることで皮膚炎を起こすことを防げます。

かかりつけ医に相談する

客観的に、自分の皮膚状態をみてもらいましょう。今のスキンケアで大丈夫か確認し、最新のアトピー性皮膚炎の情報がないか教えてもらいましょう。かかりつけ医との安心した人間関係があれば、安心して過ごすことができます。

アトピー性皮膚炎にも必ず原因があります。原因があるのなら、多くのものは予防できるので、今回の4つのポイントを元に、ご自身の生活習慣を見直されてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。