閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

アトピー性皮膚炎 ステロイド外用薬の副作用

アトピー性皮膚炎ステロイド外用薬の副作用ss

「アトピー性皮膚炎」で、ステロイド外用薬の知識を知ることはとても大切です。ステロイド外用薬には、以下の副作用があります。
ステロイドで副作用を起こさないように正しくステロイドを使用することは、アトピーの治療において大変効果的なことです。

以下、アトピーに関するステロイド外用薬の副作用をまとめましたので、ご確認いただければ幸いです。

皮膚萎縮

ステロイドを長期間使用することで、皮膚のなめらかさが失われ、萎縮します。

紫斑(青あざ)

強いステロイドを長期間使用すると、青あざができやすくなります。時間とともに消えます。前腕に多くできます。

酒さ様皮膚炎 口囲皮膚炎

ステロイドにより、顏が赤くなる皮膚炎を生じます。顏の皮膚はうすく、ステロイドを吸収しやすいので、弱い薬を短期間うまく使ったり、プロトピック軟こうと合わせて使う工夫が大切です。

ざ瘡(にきび)

ステロイドを塗っていると、ニキビができやすくなります。塗っていると、肌の調子がいいからと、安易に塗り続けるとニキビができてきます。また、ニキビはステロイドを塗ることをやめて、ニキビに準じた治療をすることで治ります。

多毛

ステロイドを塗っていると、塗っているところの毛が濃くなります。ステロイドを塗る機会を減らせるようなスキンケアを行うことが大切です。

細菌・ウィルスなどの感染症

一般的にステロイドを塗っていると感染症を起こしやすいのです。前述したにきびもアクネ桿菌などの菌が増えた現象も一因です。そのほかにも、カポジ水痘様発疹症というような、みずぼうそうみたいな病気になることがあります。ただし、基本的に治療で良くなることがほとんどです。

接触皮膚炎(かぶれ)

アトピーの治療薬であるステロイド外用薬にかぶれるということが起こります。ステロイドそのもののこともありますし、添加物によるかぶれのこともあります。

リバウンド

ステロイドは適切な使い方をしないとリバウンドのような現象を起こします。
副腎機能抑制(強い薬を大量に長期間使った場合)
普通の使い方をしていれば、副腎機能が抑制されることはありません。強い薬を大量に長期間使うということにより起こる可能性があります。

以上、ステロイドの副作用について簡単ですが、お話ししました。
何度も申し上げますが、ステロイドは正しく使えば非常にアトピー治療に効果的な薬です。

またの機会に副作用を起こしにくいステロイド利用法をお話できればと思います。

2015/8/13追記
アトピー治療のための正しいステロイドの使い方を動画で解説しています。
詳しくはこちらから。
怖いイメージのステロイドでリバウンドしないためには?

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。