閉じる
アトピー専門ランキングサイト アトピー専門ランキングサイト

意外と知らない睡眠とアトピーの話

寝不足はアトピー悪化の原因

アトピーの症状を悪化させる原因の1つは日々のストレスです。遊んでいるときはかゆくないのに、やりたくない勉強や大事な仕事など嫌なこと・緊張すること・イライラすることなどがあると、かゆみが強くなります。受験前にアトピーが悪化し、合格した途端に軽くなるという話はよくあります。
皮膚をひっかくと、脳内の神経系の1つである報酬系がはたらき、気持ちよさを感じます。ストレスによって不安や緊張を感じると、ついひっかいて、スッキリしようと脳が指示を出してしまうのです。

a0001_016949_m
すぐイライラするのはよくありません。

ストレスの1つに睡眠不足があります。睡眠時間が足りていないと、不安や緊張に反応する脳の部位が活発になり、イライラが強まります。その結果としてストレスを感じ、アトピーが悪化してしまうのです。また、疲れて体力が落ちるのもアトピーを悪化させる原因となりますから、疲れをとるという意味でも、充分な睡眠が必要です。早く寝るよう心がける、寝る前にリラックスするなど、しっかり睡眠をとる習慣を作ることが大切です。

02
寝不足でついあくびばかりしちゃいます。

心地よい就寝のためにできること

患者さんの中には、布団に入るとかゆみが強くなるという人がいます。これは布団の中で皮膚が温められて、かゆみ神経がかゆみを感じやすくなるからです。また、入眠前には体温が上昇し血流量が多くなること、さらに寝る前にまどろんでいるときは緊張がゆるむこと、これらの複合的な要因により、かゆみが強くなると考えられています。

対策としては、かゆいところを冷やすとかゆみを感じにくくなるため、冷たいタオルなどでかゆいところを冷やすことや、寝るときだけ布団をあまりかけず涼しい状態でいると、比較的楽に入眠できます。かゆみどめの薬を、寝るときに最も効果が出るよう時間を逆算して使うのも有効です。薬が効く時間は種類や個人差により異なるので、医師など専門家に相談してみるのもいいでしょう。

01
快適な睡眠を

この記事を書いた人

SNSでもご購読できます。